すてきな友達 〈人間になりたがった猫〉

画像

今日はなんだか四季三昧の一日でした。
朝は「トロイ戦争は起こらないだろう」のチケ取り。予想はしてたものの、超ラクラクでした。チケ発売日になっても公式HPの作品紹介ページが無いって、ちょっと…

午後は「むかしむかしゾウがきた」の開幕に合わせ、DVD鑑賞。
観たのは1992年収録(1993年放映)の「九郎衛門」です。この作品って、もともとはファミミュの「ゾウ」で、その後一般向けミュージカル「九郎衛門」になり、今回はまた「ゾウ」に戻ってるのですよね?昔放映されたものは、ひろめ屋が栗原英雄さん、太郎坊が加藤敬二さん。松宮五郎さんと立岡晃さんも出演されてました。作品的には「和(和風)」のミュージカルな所が面白いです

夕方は、全国を巡っている「人間になりたがった猫」を観に行きました
今日の公演は埼玉県・所沢。所沢は日本の航空発祥の地だそうで、会場の最寄り駅「航空公園」には記念館にあるようです。駅から出るとすぐ飛行機が目に入りました。

画像


どんより天気&携帯で撮ったので、きれいじゃなくてすみません。

「人猫」は前回の全国公演で一度拝見したのですが、その時は酷い訛り(カタコト日本語)の俳優さんがいらして、まったく集中できず、かなり苦い思いをしました。今回はリベンジできるか

会場に着くと、入場の列が伸びていました。四季劇場では、記念日でもない限り長蛇の列になることはないので、ちょっと新鮮(この間の「人猫」ではなく「猫」7000回の列は異常だったなぁ)

今日のライオネルは上川くん。お名前は聞いたことあるけど、歌や演技はどうなんだろう?そう思ってたら、いいじゃありませんか~!特に歌が!!声楽的に超上手とは言わないけど、上手&温かみのあるフレンドリーな声で、いい意味でうたのお兄さんみたい~ダンスのリフトの前になると、お顔に力が入ってるのはご愛敬これから注目したい一人になりました
(帰ってから前のキャスト表を見たら、前回はアンサンブルで出演されてたんですね)

ステファヌスは前回も拝見した松下さん。お人柄でしょうね、どことなく可愛らしさのある魔法使いです。ファミミュにぴったり
今回キャスティングされてる石波さんや種井さんも拝見したいな~。種井さんのステファヌスって想像できない

スワガードも前回と同じく川原さん。昼間観ていた「九郎衛門」にも出演されてたんですが、当時はかなりスリムで「これが川原さん?」って感じでした。で、今度は生の川原さんを観て「やっぱり別人」とか思っちゃったりして観ていて、ちょっと「夢醒め」デビルと被りました~。でも、隣の席の女子高生にとってもウケてましたよ。

「人猫」のお話はというと、悪役がすぐ改心しちゃったり、簡単に「私を猫にしてください」なんて言っちゃうところが、30~40年前の勧善懲悪アニメみたい。。。でも、ファミミュと割り切ってしまえば、なかなか楽しいミュージカル見終わって単純に「楽しかった~!」と思いました。
カテコの夏木さんの笑顔がとってもステキでした!!

帰りはお見送りがありました。カテコの歌が終わらないうちにキャストがロビーにダッシュしちゃうのは、余韻が楽しめなくて残念だと思ったけど、子供たちのペースを考えればそれが正解なのかも。今日は岡本さんに握手していただきました

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ミキミニ
2008年07月26日 23:09
わぁ~四季三昧の1日を過ごされたんですね~最近には!?珍しいですね 笑
「トロイ戦争は起こらないだろう」のチケ取りは超ラクラクでした。ってことは、最前、バッチリですか^^おめでとうございます^^
ところで、「九郎衛門」ってのと「ゾウ」は=なんですか??いわゆる改名ですか??笑
昔のに立岡さんが出ておられるんですね~
「人間になりたがった猫」リベンジできたようで よかったですね^^
会場の入場の列は何だったんですか??
川原さん、以前、R&Jで見させていただき、ほんとにわかりませんでした 笑 その頃に近い作品なんですかね^^見終わったあとに単純に「楽しかった~!」と思える作品はいいですね^^
四季のHPで岡本さんが握手されてる姿を見て、いいな~と思ってたのですが、Rinoさんも握手してもらったんですね^^いいな~♪
あ、携帯で撮った写真、充分、キレイですよ^^
2008年07月26日 23:43
ミキミニさん、こんばんは。
そうですね、三昧は珍しくなってきちゃいました~。
最前も取りましたが、もう1公演は、押さえた最前を蹴って7列を取り直しました。自由劇場の7列は見やすいので全体の美術が見たくて。。。(すごい贅沢~)
「ゾウ」に出てくる象さんの名前が「九郎衛門」なんです。ファミミュと一般向けで作品名が変わってるのだと思います。「夢醒め」もファミミュの頃はたしか「夢からさめた夢」という表記だったと思います。
「ゾウ」は京都でも上演されるようなので、ご覧になってみてくださいませ~。
全国公演の時は何故か入場の列ができてる時がありますよ。会場に着いたタイミングにもよるんでしょうけど、何だか不思議です~。

この記事へのトラックバック