四季演劇資料館

画像


「人猫」大町公演を観劇して大町に1泊。11日は四季演劇資料館へ行きました。

朝、旅館であんまりウダウダしていても仕方ないので、さっさとチェックアウト。
前回、資料館を訪れた時もと思ったのが、バスの切符。
整理券じゃないですよ、切符です!

画像

バス案内所みたいな所で購入する切符は、厚紙でできた昔ながらの切符。電車でも自動券売機が登場してからは、この厚紙切符を見ることがなくなってたけど、バスでは記憶にもないのです。
最近は、バスも電車もモバイルSuicaになっているので、この切符が宝物のように感じます。


あんまり早く着いちゃったので、知らない町をあてもなく歩くのが好きな私、回りを散策し始めました。
なんだかとっても気になったのが、この案山子たち。

画像


案山子もアートになったら楽しい

画像

ぐるっと一回りしてくると、金網の向こうに猿発見近づいてみると、その奥にもう1頭毛繕いをしているのが見えました。金網の向こうは東京電力が管理する敷地のようです。猿たちはのんびり暮らしてるように見えました。


一回りと書きましたが、その半分は巨大な四季の倉庫群の回りをまわっただけという感じです。大きな倉庫が何棟も並んでいます。下手な物流センターより巨大かも~。しかし、新しい作品ができるたびに倉庫も巨大化するしかないのかなぁ?それと、夏は涼しくて良いけど、冬になったら雪で搬出入が大変じゃないのかな?(すみません、余計なお節介です)
演劇資料館の横の建物には四季演劇資料センターの文字。

画像



いよいよ10時、開館してすぐ資料館に入ると、なんだかすごい人の数。
「何で今日はこんなに混んでるの?」と思いながら奥を覗くと、石波さん
え!?と思ってまわりを見ると「人猫」カンパニーがズラリ!!
ベテラン勢はにこやかに展示品を眺め、若手はPVを見ながら軽く盛り上がってる方たちが多い中、熱心に展示品を見ている若手もいらっしゃいました。そのうち、川原さんが数人を呼んで何やらレクチャーを。。。

私は展示品を簡単に見ながら、一番の目的、立岡さんの遺影のある2階へ。
素晴らしい舞台を見せていただいたことへのお礼と、お別れとお疲れ様でしたの気持ちを伝えました。そして、もうすぐ「夢醒め」が開幕することも。ロビパで一番に外に出て笑顔でハイタッチしてくれた手のぬくもりは忘れません。
それから松宮五郎さんにもお別れを言ってきました。

その間に「人猫」カンパニーは消えていました。
じっくり見学できる状態になったので(笑)またひとつひとつ見て回ることに。

展示内容も以前に来た時とはだいぶ変わっていました。
「アイーダ」の衣装は鮮やかで目を惹きましたが、「ハムレット」の小道具に興味を持ちました。
ハムレットとレアティーズが戦った剣と、掘った穴から出てきた頭蓋骨。良くできてるんですよ~。一度手にとってみたいなぁ~。

展示物も、誰の写真が使われているか気をつかっているようでしたが、まだところどころに、あの方やこの方のお姿が残されていて、いろんな意味で「あーーー」と思いました。

ただ、前には10~20年分のアルプが閲覧できるようになっていたのが、2007年と2008年のアルプが置いてあるだけになってしまいました

DVD上映は、今年のPV集と「夢醒め」の2007年全国公演の時の特番。
最近は自由劇場へ行くことが多いので、PVも初めて見るものがあってちょっとびっくり。「夢醒め」特番は食い入るように見ちゃいました。いつも(と言っても2回しか来てませんが)思うのですが、このDVDたち、ここだけの限定販売でもいいから入手できればいいのになぁ~。


帰りの特急は信濃大町駅を15時過ぎに出発するので、あんまりのんびりもしていられない。
お土産を買うために早めに駅まで戻ってくると、登山帰りの人があちこちに。白馬から出発する特急も大きな荷物を抱えた人でいっぱいでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

doraemon
2008年08月12日 17:14
良かったですね!!
ちゃんとお別れが出来て・・・
きっと立岡さんも松宮さんも喜んでおられると思います。

写真を拝見して、あ~自然はいいなぁ~って思います。そして、私も涼しさを味わいたいぃぃぃぃ~~~(^○^)
2008年08月12日 20:19
doraemonさん、こんにちは。
夕方以降はとっても涼しかったんですが、昼間は日差しが強くて、歩き回ってる間にかなり日焼けしちゃいました~。
でも、さわやかな空気で気持ちよかったですよ♪
ミキミニ
2008年08月13日 18:50
Rinoさんに聞くまで資料館なんてのがあるなんて 知らなかったのですが、Rinoさんのお話聞くと、1度 行ってみたいですね~♪
朝一番で、訪れる人って珍しいんですかね 笑
「人猫」カンパニーと、ばったり 出くわしちゃったんですね^^
立岡さん、松宮五郎さんにお別れを言ってこられたんですね。これで、涙なしで、夢醒め 観れますかね 笑(きっと、別の涙腺が緩んで 無理な気もしますが、うふ ^^)
展示内容は時代とともに?変わっていくんですね~
展示物って、実際に舞台で使われてたものが置いてあるんですか??すご~い!!
そしてDVD上映なんてのもやってるんですね!?
「夢醒め」の特番が??
Rinoさんが特番に食い入って見てる姿を思わず想像してしました 笑
しかし、大町のかかしさんは なんとも派手ですね 笑
2008年08月13日 22:35
ミキミニさん。
そうですね「夢醒め」を涙無しで観るのは不可能ですね~。
展示物は、衣装などの他に舞台の美術模型や、オリンピックイヤーにちなんで長野オリンピックの時の記念写真などもありましたよ。
案山子は超インパクト大でした(笑)

この記事へのトラックバック