ここは夢の中? 〈夢から醒めた夢〉初日

画像


さて、どこからピコの物語を始めよう?
待ちに待ってた「夢から醒めた夢」の初日の幕が開きました

思い入れがあって、どうしても梨絵ピコが観たかった私、前日のゲネが梨絵ちゃんだと知った時から心は“夢”の世界へ
劇場へ向かう途中、念のため(?)携帯でキャストチェック。
梨絵ちゃんの名前を見て安心しながら画面をスクロールすると・・・
「いや~!びっくり仰天だな~」←って演目違いますからっ。

デビル 道口瑞之 え~
暴走族 大塚俊  ほ~
老婦人 佐和由梨 ほえ~

密かに道口配達人を期待してたら、デビルですかっ!!
頭の中で過去のデータを映し出してみると、ヒノデロの姿が。あ、い~かも
初日観劇の楽しみがひとつ増えました!

劇場の外の高脚ピエロ二人が、今回はいいコンビ。
つい入り口で時間を使ってしまったので、中に入った時にはもう何が何やら
秋劇場でのロビパはちょっとキビシイね~。
春秋共通エントランスにもパフォーマーがいるので春劇場にいらした方はちょっとお得かも

席につくとすぐ「ショータ~イム!」
いよいよです!!

颯爽と登場した(であろう)配達人はチラッと観ましたが視線はすぐにピコを探してました。
蚊帳のような薄幕の奥に一人で立ち、いよいよ登場という時の梨絵ちゃんのお顔はとても緊張していました。
登場してしばらく緊張が続いたようで、最初の歌ではちょっぴり声がうわずっている部分も
やがて落ち着かれたようで、いつもの素敵な笑顔に戻りました
その笑顔を観ただけで涙が・・・

前回、最後に梨絵ピコを拝見したのは昨年5月の全国公演。
その後、ロッテやアンを演じられて演技に磨きがかかったのか、初日だからなのか、はたまた既にアンのお稽古も同時進行中なのか、ちょっぴりピコの演技が変化したように思います。
うまく表現できませんが、感じるままに演技されていたのが、技術を使うようになったというか。決して悪い意味ではなく、身についたものが自然にあふれてきてるような感じです。

期待とちょっぴりの不安で見始めた道口デビル。
かなり良いです!!!
ヒノデロっぽい部分や味方デビルを彷彿とさせる部分もありますが、モノマネやコピーでない道口くんのデビルです。間の取り方が半テンポ遅いかな?と思うところもあるし、後方にいる時は動かな過ぎ?とも思ったけど、こなれていったら、すごくいいデビルになりそうです!
(いいデビルって変な表現!?)

さて、霊界空港のおじいちゃんのシーン、長野遠征した効果がバッチリでと言いたいところですが、斜め前に大柄な男性がいらして、おじいちゃんの姿が全く見えなかったんです
きっと、私が泣かないように遮ってくれてたんですよね。。。

おじいちゃんと言えばおばあちゃん、佐和さんまだお若いのにって思ったんですが、これがまぁなんといい感じなのです。たしかにお肌に張りはあるし動きも声も若いけど、ちゃんとおばあちゃんに見えます。上品で素敵なおばあさんという感じでした。
2006年・2007年と洋装になっていた衣装は和装に戻りました。佐和さんが洋装にしたらおばあちゃんには見えないからかな~。私はおばあちゃん役は和装の方が好みです~。

メソの自殺原因は、昨年の全国公演から“いじめ”に変わっています。
時代に即した身近な問題なので身につまされますが、いじめが原因だとその後の「グレーパスポートの理由は自殺ってことなの」というデビルの台詞がどうも釈然としません。「ぜいたくな」の一言がカットされているのは救いですけど・・・

必死で観てしまった1幕はあっという間に終わり「夢の休憩」
1Fロビーはプログラムを買う人の列、2Fロビーははしごキャンペーンに長蛇の列で溢れかえってるのだけど、ホワイトパスポートはどこでもらえるの???混雑してるロビーを探しちゃいましたが、こちらのキャンペーンは一旦劇場外に出ないといけないんです~。と言うとオーバーですが、春・秋共通エントランス(クロークの所)に受け付けがあるため、再入場券をもらって出ることになります。こちらもかなりの行列ですが、初日で新しいパスポートを渡すだけだなので、思ったより早く列は進みました。

2幕前半はやっぱりこれを観なきゃ。
野中ヤクザのおにぎり頬張りと「お粗末な人生ね」って言われて床に頭ゴツン。野中さんのヤクザは夢醒めの代名詞ですね(って言い過ぎですか?)

梨絵ちゃんの泣き顔にむちゃくちゃ弱い私。
「この子よ、この子~」そこでもう涙腺が・・・
霊界空港のみんなとのさよならシーンは、いつ観ても涙が止まりません

いつもなら、このまま「光になったのね」でさらに滝のような涙になるのだけど、今回はなぜか笑顔になりました。(なんでかな?)

カテコはかなり盛り上がりました。
初日なのにまるで千秋楽みたい~。
最後に梨絵ちゃんが一瞬泣きそうになったのをグッと堪えて満面の笑顔になったのが素敵でした。

画像

この記事へのコメント

doraemon
2008年08月15日 19:22
良かったね!!!!!\(^o^)/
素敵な!素敵な!!梨絵ピコが観れて!!!
念じれば願いは叶う!!!
おめでと~さん(#^.^#)
2008年08月15日 20:48
doraemonさん。
ありがと~ございます(*^_^*)
梨絵ピコが観れただけで十分幸せなのに、
とても良い舞台で“大変な満足をおぼえました”
って私がアンモードになってどうする!?
ミキミニ
2008年08月17日 00:32
いいレポですね(; ;)私もRinoさんのレポのおかげで、一緒に夢の中に行った気分です。実はね、14日は待ちきれなくて、何度も何度も、Rinoさんのとこに、お邪魔しては、まだだぁ。。と、待ち構えていたのですが、ある時、無事?梨絵ちゃん、観られたんだと思ったらそれだけですっかり安心しちゃいました^^
Rinoさんの思い入れの強さが、レポからひしひしと伝わってくるので、あたしも泣きそうでした。
しかも、他の方たちもびっくりキャストでしたしね~
うん!!道口配達人いいじゃないですか^^いい線だと思うのですがね~
佐和おばあちゃんもいい感じだったんですね^^
洋装だったら・・・M嬢 思いだしそうです 笑
Rinoさんが必死で観ちゃうだなんて、よっぽどだなって思いました^^2回目、3回目は 落ち着いて見れるといいですね^^
梨絵ちゃんも、初日、泣かずにクリアしたんですね^^梨絵ちゃん自身、あとどれぐらいピコかなとか、やっぱり考えたりするかもしれないけど、泣き顔を笑顔に変えちゃうほど 梨絵ちゃんもさらに成長したんですね(; ;) もう、泣くツボいっぱいで、私のほうがヤバいです;;;
2008年08月17日 01:27
ミキミニさん。
待ち構えて!?ひゃあ!すみません(汗
あんまり必死になって観ちゃったもので、帰宅したらフニャ~となってしまいました(^_^;
佐和さんは、M嬢と同一人物とは思えない、素敵なおばあさまです。
M嬢と並べて観てみたいところですが、佐和さんが双子じゃないと無理ですね(^^ゞ
梨絵ちゃんは女優として着実に成長してますね。まだまだ楽しみです。

この記事へのトラックバック

  • 劇団四季を観て来ました

    Excerpt: 秋劇場で「夢から醒めた夢」を観て来ました。それにしても今日の Weblog: 宝塚そのまんまつぶやき racked: 2008-08-16 21:32