劇場公開中♪吉沢梨絵さん on 幻の市川崑監督作品  〈その木戸を通って〉

画像


な、なんと!ただ今公開中です!
市川崑監督の唯一の未公開作品「その木戸を通って」が丸の内TOEI 2で公開されています。

1993年に完成されたこの作品、1995年に当時実験放送だったBS-9で一度放映されただけなんだそうです。
まさに“幻の作品”ですね。
日本初の本格長編ハイビジョンドラマとして制作された後、35ミリフィルムに変換され、「FUSA」というタイトルで1993年ヴェネチア国際映画祭、1994年ロッテルダム国際映画祭に出品されました。
市川監督が亡くなられた今年、東京国際映画祭で特別上映され、今度は順次全国で公開されることになりました。

公式などに書かれている出演者は
浅野ゆう子 中井貴一
フランキー堺 井川比佐志 岸田今日子
石坂浩二 神山繁 榎木孝明 他

え?この作品のどこに梨絵ちゃんが?って?
はい!これです!

画像


映画のタイトルや公式の画像を見て、ちょっと暗い or 重い作品なのかな?と思っていたら、思わず「クックッ」と笑ってしまうシーンもたくさんあって、面白いのです~
面白いだけでなく、映像がきれいで引き込まれるようなシーンもあります。
こういうのを映像美というのでしょうか。
井川比佐志さんや岸田今日子さんなど脇を固める方々がとにかく良い味を出されているのも見所だと思います。

どんな作品なのか興味のある方は、公式サイトをご覧ください。

梨絵ちゃん&四季関連なひとりごと
正四郎(中井貴一)のとった行動を目撃した助十郎(井川比佐志)・むら(岸田今日子)・お伸は呆気にとられます。お伸の肩越しに助十郎とむらの表情が映し出され、ピントがその二人に合っているので、お伸の顔はピンぼけなのですが、それでも梨絵ちゃんのあんぐり&ポカ~ンとした表情が、可愛い~~~
劇場は、(たぶん)ベテランお二人の顔に笑いが起きていたんですが、私は梨絵ちゃんの表情に釘付け可愛いやら可笑しいやら。。。もうたまりませんっ。

梨絵ちゃんの歌もちょっぴり聴けます
正四郎とふさ(浅野ゆう子)の赤ちゃん・ゆかをおんぶしたお伸が子守歌を歌ってるシーンです。
初々しく優しい歌声です

出演者の中にモトシキがお二人いらっしゃいますね。
石坂浩二さんと榎木孝明さん。
このお二人と岸田今日子さんは、日下武史さんも出演された市川崑監督作品「天河伝説殺人事件」にも出演されてます。
だから何?って言われそうですが、ファンには「あら~」って感じですよね。(私だけ?)

何より今、梨絵ちゃんの姿が映画館で観れるって凄いことじゃありませんか~


嬉しいことに、この作品のDVDが発売されます!
発売日は、2009年2月13日
思わず、梨絵ちゃんの“ハハ”知寿さんの誕生日!と思ってしまいましたが、市川崑監督の命日だったのですね。
さらに、パンフをパラパラとめくっていたら、出演されてたフランキー堺さんのお誕生日であることも判明しました。
あれ?そういえば、出川哲朗さんも出演されてるんですが、この方も同じお誕生日ですよね~。
おやまぁ。


最後にモトシキ繋がりの話題。。。
現在「その木戸を通って」が上映されている丸の内TOEI 2の次回上映作品は、音楽座ミュージカルの「メトロに乗って」だそうです。
“映画館上映特別版”って書いてありますよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ミキミニ
2008年11月23日 21:42
Rinoさん、こんばんは~
すっごい、特ダネ★★★
劇場公開中ですか~!!に、梨絵ちゃんが出てる??どーゆーこと??四季以外のに出たの?いつ、お稽古してたんだろ??って、
いや、びっくりしましたよ、ほんとに~!!
あ。。。。じゅ、15年も前の作品でしたか;;;
しかも“幻の作品”。市川崑さんの生涯ただ一本の、未公開映画だったなんて、ゾクリと来ました。
だんなに聞いたら、市川崑さんって、東京オリンピックを撮影した人で、今年 亡くなられたとか。。。(あたしは全然知らなくて;;;)
また、よく見つけられましたね~!!
かわいい梨絵ちゃんの姿に加えて歌も聴けるんですね^^
Rinoさん、映画館に直行されたんですか^^うふ♪
そしてDVDも発売されるんですね~
おぉ!!知寿さんのお誕生日の日に??
Rinoさんの興奮がなにかと伝わってきてますぅ♪
2008年11月24日 01:11
ミキミニさん、こんばんは。
劇場公開中ってとこがスゴいでしょ~
大阪でも上映されるようなので、ぜひご覧くださいませ!
市川監督と言ったら、私は「犬神家の一族」かな?
「ビルマの竪琴」や「木枯し紋次郎」も有名ですね。
パンフを見ると「夜来香」とか「ブンガワンソロ」とか「鹿鳴館」なんてのもあって、どんな描き方をされたのか気になります。

この記事へのトラックバック