生まれるって、死んでるってどんなこと? 〈ドリーミング〉

いつの間にやら、スタッフ欄に小椋佳さんのお名前が復活していた「ドリーミング」に行ってきました。

って、変な書き出しでしが、私は小椋さんファン歴ン十年なんです。
以前放映された「青い鳥」には小椋さんの名前はなく、過去の「ドリーミング」では小椋さんの曲が使われていたことを後になって知りました。
だからということもあって「青い鳥」ではなく「ドリーミング」が観てみたかったんです。

今回の再演でも、当初のステージガイドに小椋さんのお名前は無かったので、「ドリーミング」でもカットされてしまったのかぁ…と意気消沈していました。
ところが、最近では珍しく(何故だか)プログラムを買う気になって、幕間に見ていたら、小椋さんの曲があるではありませんか~!
それも2幕だということは、これから聴けるってことですよ

時の老人が歌う「時は来る」という曲でしたが、重たくてちょっと恐い感じ…小椋さんにしては珍しい曲調でした。
帰ってから調べてみると、以前は「思い出は生きている」という曲もあったようです。
プログラムによれば、当時の音響監督が作曲の振り分けをしたそうですが、小椋さんには優し~い曲を振ってほしかったなぁ。
「おなかの大きな王子さま」なんて書ける方ですもん。

ひとしきり、小椋さん話をしたところで、ようやく本編です。
今回の開幕キャストで、この作品(「青い鳥」も含め)で経験者は、もしや大徳さんだけですかね?
(キャスティングされてる方では吉谷さんがいらっしゃいます)
昨今の四季の様子では考えられないことではなかったですが、お一人だけとは。。。
それから、今回の目玉(?)は子供たちの出演ですね。
キャスト表の人数の多いこと

幕が開くとセットが降りてきたり、ファミミュとは違う雰囲気です。
セット自体も「青い鳥」よりゴージャス。
最初に登場した母親チルと父親チル、田代さんたら「春のめざめ」の大人から打って変わって、優し~~~い父親じゃ~ありませんか~!
孫を目に入れても痛くないお爺ちゃんのようだわ

帽子についているダイヤを回すと出てくるパンや水や火たち。
衣装もリニューアルしているようで、チローはスキンブルみたいでした
キャスト発表を見た時、ぴったり!と思った白瀬くんは、本当にパンがぴったりでした。
いえいえ体型だけではありません。
歌は周知のとおりお上手だし、口調もいい感じです。
チレットの香純ちゃん、「春めざ」の時は少しぽっちゃりして見えたけど、このままキャッツに出てもいいんじゃ?と思えるほど、猫衣装が似合ってました!

思い出の国、斉藤お婆ちゃんが可愛い
アニメに出てくる、揺り椅子に座って鼻眼鏡で編み物してるおばあちゃんみたいです~。
この場面で「あんまり来てくれない」みたいなこと言いますね。
それで涙が出ちゃいました
亡くなった母に自分が言われてるみたいで…
思い出しても自分の都合のいい時ばっかりだし、お彼岸も命日が近いからとお墓参りをパスして自分の休養を優先させたりしてる親不孝者です。
「思い出すだけでいい」という言葉に。逆にそれだけじゃいけない(自分の場合)と思っちゃいました。
ここで、お爺ちゃんが「死んでる?聞き慣れない言葉だ」って言う割には「生きてる人は大変だ」って言うのも変だと思ったんですが、死ぬってどういうことなのかな?って考えたりもしました。

次に登場した弟・妹のジャンとポリーヌは、子供達が演じていました。
お~、ここでも登場なのね。

キャスト表を見て、あれれ?と思ったのは、母親チル・母の愛と夜の女王を同じ方が演じるということ。
まるで逆のキャラじゃないですか。
声だって使い分けなきゃいけないだろうし、どうなの?って思ってました。
次はその夜の女王のシーンです。
白木さんの夜の女王は、喋り方も声もビバさんにそっくりでした
先程の母親チルとは全く違うキャラになってます!
マコ母での白木さんは未見だったので、実力は存じ上げませんでしたが、これから先も楽しみな方です。

さて、ここでも子供が登場。
鼻風邪です。
きれいな側転でした

カシの大王がいる森では、さっき優しい父親だった田代さんが(役名忘れたけど)恐い声を出してました。
この声聞くとシェンジ@LKのように「うひょ~!」ってブルブルしたくなります(笑)
「もう1回言って~」って感じです

1幕終盤で恐い声を出してた田代さんが2幕冒頭の幸福の御殿では、まるでバルーンのようなまん丸の着ぐるみで登場。
世界一幸福な太った人だか、世界一太った幸福な人だかの一人です。
この時の田代さんが可愛いったら、もう~
ヤバいほど可愛くて釘付けになってました!
一つの作品で、いろんな田代さんが観れてトクした気分です♪

さて、子供達がたくさん出てくる未来の国。
みんな歌が上手いです。
出てきた時は思ったより大きい子が多いと思ったけど、声を聞くとまだあどけなくて思わず顔がほころんでしまいます。
中には、どこ見てるの?って子もいましたが、子供らしさがリアルです~(本物の子供だっつーの)
このシーンでチルチルが言う「それじゃ生まれてきたってしょうがないじゃないか」って言葉は、どうしても引っかかります…
病気で死んじゃうなら生まれてもしょうがない?
そんなこと言いっぱなしにしといていいの???
それに答える「そう決まってるんだもの、仕方ないさ」の言葉に涙がボロボロ流れました。
子供が言うと心に突き刺さりますね
まさか、この作品で1幕も2幕も泣くことになるとは…

最後の場面、チルチルが鳥をカゴから出そうとした時、固定されていた鳥を外すパコっという音が聞こえちゃいました
ミチルは鳥を飛ばすためのワイヤーを一所懸命つけてるし
まぁ、それは置いておくとして、どのキャストもなかなか良くて満足でした~。
特に田代さんにはやられました

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ミキミニ
2009年10月14日 22:30
Rinoさん、こんばんは^^
Rinoさんが小椋佳さんのファンとは知ってましたが「ドリーミング」の曲を書かれてたってのには驚きました!!
「おなかの大きな王子さま」ってのも、、、四季ですか??
ところで、ドリーミングは前にTVでやった「青い鳥」とは違うもののようですね??
公式でもやたらにぎやかな場面が映ってたので、こんなシーンあったっけ?なんて思ってたんです~
田代さんはとにかく声が大きくて怖いイメージがありますが、孫を目に入れても痛くない優しいお爺ちゃんは想像できないですw
でもシェンジの「うひょ~!」でブルブルは想像できそうな(笑)

白瀬くんがいい味出してるみたいですね^^
関西にも白瀬くん、来るかな?(めざめ?パン?w)
白木さんはマコママしか観てないですが、泣かされた一人です 笑
またまた素晴らしかったみたいですね^^

子供を子供役で登場させてるんですか~
それは ずるいな 笑
そりゃ、やられますね。
Rinoさんをそれだけ泣かせるとは ドリーミングおそるべし~キャストもすごく豪華だし、関西にも来てほしいな~
2009年10月15日 02:37
ミキミニさん、こんばんは~。
「おなかの大きな王子さま」は舞台じゃないんですよ。
「おかあさんといっしょ」か「みんなのうた」かどっちかで歌われたみたいで、娘が小椋さんのCDを聴いて「めちゃめちゃ聴きいたことある~!」って言ってました

ほんとは泣くような作品じゃないはずなんだけど…
自分でも、何で涙が溢れたのか不思議です~

「ドリーミング」は「青い鳥」と内容は一緒でした。
見た目がファミミュじゃなくて大人向けになってる感じです。

もし「ドリーミング」が関西に行くとしたら、ミキミニさんは白瀬くんのパンと深見さんのパン、どちらが見たいですか~?と意地悪な質問をしてみます
sora
2009年10月20日 23:16
今頃の訪問でごめんなさい。
ドリーミングは田代さん祭りなんですね。
観たいです~。

夏休みに、大阪でもジュニアクラスがありましたよね。
あの子たちで、京都劇場でやってくれないかしら? なんて考えています。
2009年10月21日 02:23
soraさん、こんばんは~。
うふいろんな田代さん、観れますよ
大阪でもジュニアクラスあったよなぁ、って私も思いました!
関西でも成果発表の場があるといいですね。

この記事へのトラックバック