3日分の感想を2分にまとめて言うから 〈クレイジー・フォー・ユー〉

いきなり演目違いのタイトルですみません
石波エベレットに会うために500万キロの彼方から駆けつけた京都劇場。
たまらなく暑いという印象のあった京都だけど、今年に限っては東京の方が暑いよ
おかげであまり暑さを気にすることがなかった遠征でした。

20年分とはいかないけど、9月3日(金)~5日(日) の3日間・4公演分の感想を2分で読めるようにまとめてみます。
3日のオフステイベントは参加してませんので、レポ無しです。

こんなヒドイのは初めてじゃ【9月3日M】
今年のシリーズ(東京・福岡・京都)になって初めての荒川ボビー。
はっきり言ってしまいますが、ほんとにヒドイ出来でした…
前回(2006年)の東京と京都でも拝見してますが、まさに小見出しの通り、ボビーザングラーの言葉をそのまま返してあげたくなったくらい。
反対に良かったのが、石野ビリーと大塚ジュニア。
石野さんのビリーは顔にも動きにも表情があってとっても面白い
久しぶりに観た落下シーン、跳ねて伸びる所は顔までビヨ~ンって感じだし、身体が曲がれば顔まで歪む~
石野ビリー健在
俊さんのジュニア、この日がデビューなんて思えない。
アドリブ部分もいい感じだし、笑顔が多くて可愛い
キャラ的には、ミンゴよりピートより好き~!
アンサンブルの皆さんは、ガヤの声も出てるし、元気があって良かったです。
この日、座席限定だわと思った石波さんの表情が見えました
エベレットではなく、劇場スタッフ役の時です。
衣裳のかかったハンガーを運んでいるのですが、最後に衣裳のひとつを女の子がひょいと持ってしまいます。
それに気付いた石波スタッフが「おい!」って顔をするんですね~。
あのシーンは斜めに幕があるので、あの幕と同じ角度の延長上の席でないと見えないんです。
今回初めて気付きました~。

悪くないわよ、坊や【9月4日M&S】
前日とは打って変わって、覇気のある荒川ボビー。
小芝居も加わって、楽しませてくれるようになりました。
ザングラーにダンスを披露する場面で、バッグとコートを置く場所を探してから「ちょっと持ってて下さい」というところ。探す動きがきっちりしてるので「ちょっと持ってて下さい」の面白さが効いてると思います。
「つーかーの仲」の所、“つーかーの”で指をくっつけた後“仲さ”で指を離しますが、その後も、「この位かな?」って感じで何段階か距離を伸ばしていって首かしげたりしてるのも、面白い~
主役のボビーに覇気があると、客席も沸きます。
ボビーが敬二さんからツトさんに代わって、変わったと思うのが木村ポリー。
ツトさんが相手だと、花ちゃんが尻に敷いてるぅ~。
「ホレホレ、付いてきなさいよ」みたいな(笑)
ポリーらしくていいかも

もう帰りたくないわ【9月5日M】
ボビーは元気さは4日ほどではなかったけど、演技が丁寧でわかりやすくなったと感じました。
この3日間、かなり観てしまったのが石野ビリー。
「I Got Rhythm」のつるはしを振り下ろすタイミングがしっかり音楽に合うのが気持ちいいです
そして劇場によって見え方が違うので、一番いい位置で見れた3日目にようやくこの一言を。
「The Real American Folk Song」で畠山ミンゴ越しに石波エベレットがまた観れて嬉しい
足が長くて格好いい畠山ミンゴとめちゃくちゃキュートな石波エベレットのコントラスト最高~
今年は東京・福岡・京都の3つを観てるので、石波エベレットの変遷を(そこかい!と思った皆さん、すみません)
「Stiff Upper Lip」でボビーの椅子をどかしてしまうエベレット。
東京…タイミングを計ってるのがよ~くわかった(笑)
福岡…子どもがいたずらするみたいに、椅子をどかすのを楽しんでいた風(←ふう、です)
京都…身体が自然に動いてるようで、とにかくスムーズな動き
はい、だから何?ですね
ま、そんなところ観て、勝手に楽しんでますです。
3日間4公演の観劇はあっという間でした。
帰りたくないよ~。

おまけ【9月6日】
6日は新幹線の時間まで暇だったので、久しぶりに大阪に足を伸ばしました。
キヤノンギャラリー梅田で熊切大輔さんの写真展「演じるコト --俳優石丸幹二の1年--」を観てきました。
BGMはマルさんの歌声。
ギャラリーに入った時は「春の唄」@ニュー・ブレインだったので、マルさんのCDがかかってるのかな?
舞台に立つマルさん、打ち合わせをしてるマルさん、床で寝てるマルさん、いろいろな表情のマルさんが写真に納められていましたが、私のお気に入りは、何気ない日常のワンシーンを切り取ったような写真。
ふとした表情…それがとっても素敵です
でも思いました。
モデルが格好良すぎて、どれもこれも「良い」の。
これじゃ写真の善し悪しわからないよ~。
ギャラリーを出て、通い慣れたハービスエントへ。
「ウィキッド」仕様のハービス初めて見た~(そして最後だろうな)
そうそう、大阪はさらに涼しかったです。
今年の東京、何なの

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

ミキミニ
2010年09月13日 22:25
Rinoさん、こんばんは^^
石波エベレットに会うために500万キロですか~!!
そんなに距離あるんですね~と、妙に感心してしまいました^^
しかし一緒に見た【9月3日M】そんなにひどかったとは(*_*)
知らぬが仏で 楽しく見れたのは幸せですかね 笑
大塚さんは、あたしも大好きです~(*^^*)

衣裳のかかったハンガーを運んでいる劇場スタップの様子は上からだとよく見えますよ 笑
衣裳のひとつを女の子が持って行くのは、舞台の幕の中でしたもんね^^
「おい!」って顔までは、わかりませんでしたが、振り返っておられるとこは観れました^^
東京・福岡・京都の石波エベレットの変遷を見てこられたのなら、CFYが北海道に行っても見に行かなくちゃいけないですね(^_^;)

せっかく大阪に住んでるのにまる様写真展は知らなくて見逃してしまいました;;;
どれを見ても、「良い」「ステキ」なマルさま見たかったな~。
2010年09月13日 23:02
ミキミニさん、こんばんは。
意外に距離あるんですよ~(笑)
物や他のキャストば被らない分、上から観る方が動きがよくわかったりしますよね。
前方席は、表情はよくわかるものの、配置によっては全くみえなかったりするのが難点ですね。
北海道のエベレット?
一緒にいたらほんわかしてきそうですね
では下見をしてきますので、ミキミニさんもあの方が札幌に登場されたら通って下さいね

写真展は銀座でもやってたんですが、自宅から銀座に行くより、京都から大阪の方が断然近くてラクなので、ラッキーでした

この記事へのトラックバック