笑う門には幸福が!? 〈明日の幸福〉

Compagnie Mont-Bleu「明日の幸福」@ブディストホール を観てきました。

初めて行った築地本願寺、所謂日本のお寺というイメージとは違うインド仏教式の建物。
夜はライトアップされていて、独特の雰囲気がありますね。
本堂にはパイプオルガンがあって、ランチコンサートなんかも開いてるらしいです。
また別の機会に来てみたいなぁ。

今回の公演は、現役の役者さんだけでなく、普段は別のお仕事をされてる方もいらしたり、普段では観ることのできないカンパニーのようです。
初めて拝見する広瀬彰勇さんの老け役が楽しみで予約しました。
これだけでは話が進まないので、プロフィールを見ながらお二人ほど紹介します。
広瀬さん演じる松崎寿一郎の奥さん(つまりおばあちゃん)淑子役は篠原まさのりさん。
「ザ・ベストハウス1・2・3」で「これだぁ!」というナレーションをされている男性です。
息子・寿敏役は、現在のアクト青山代表である小西優司さん。

お話は昭和30年頃の三世代同居のホームドラマ。
まだ家長制度の名残を引きずっているワンマンタイプの寿一郎と、それに従うしかない淑子…なはずなのだけど、寿一郎以外の家族やお手伝いさんには結構権力(?)を振りかざしてる感もあって、主が二人のようにも見えました。
が、最初から最後までほんとによく笑わせていただきました
いや~!面白かった~!というか…いや~!可笑しかった~!かな?
一歩間違えればコントになりそうなドタバタコメディ。
ほんとに何回笑ったかしら。
キャストのみなさんがイキイキと芝居を楽しんでいるような空気も伝わってきて、犯人(?)も話の展開も最初からわかっちゃう状態なのに、ずっとワクワクしながら観ていました

残念だったのが(あくまで私の感想ですが)一部の客席。
篠原さんが登場しただけで超大ウケ、うるさい
男性がおばあちゃん役なんだし、まぁ、最初くらいは仕方ないか…と思っていたんだけど、台詞ひとつ言うたびに爆竹拍手と大笑いが
楽しんでどこが悪いって思われるかもしれないけど、ちょっと異常なウケ方に感じました。
なんか、東京セレソンデラックスを観てるみたいな…業界ウケ(?)
ウケるような台詞じゃないのに、客席の一部が大騒ぎだったために、広瀬さんが台詞を言うタイミングを待ったりしてるようでした。
ここは待たずにテンポよくポンポン!と言ってほしいという場面でそれが起こったのが特に残念
開幕直後にあった小さな地震で客席のあちこちで「地震」という声が長い間聞こえたのも、今までの観劇ではなかったことです。

そのウケまくってた篠原さん、どうせならベタベタに女らしさ(色気という意味ではなく)を出しても良かったかな、なんて思うけど、ナレーターも俳優だということを見せてくれたと思います。
男性役だとどういう演技をされるのか観てみたいなぁ。

小西さんは一見、お公家さんぽい雰囲気かと思いましたが、台詞回し(かな?)がところどころ広瀬さんに似ていて「あれ!」と思いました。
正面から観た感じ(髪型のせい?)がザングラーさんぽかったので、思わず本家(笑)広瀬さんを観てしまいました。
役柄、広瀬さんの方はザングラーではなかったけど、お二人がちょっと似てるかも?って思えるところが本物の親子みたいでした。

広瀬さんは、本当に楽しそうでした。
「エリザベート」はちょっと論外ですが、響人で拝見した時より楽しんでる感があったように思います。
作品の雰囲気もあるので、単純には比較できませんが。
間の取り方や、落とし方が絶妙なんですよね
引っ張って落とすみたいな…うまく言えないけど、広瀬ワールドを堪能させていただきました!

さて、キャストにはもうお一人、顔馴染みの方が。
真家瑠美子さんです。
「鹿鳴館」での真家さんはあまり記憶になく、ピコは一度しか拝見してませんが、ダイアナ(@赤毛のアン)は何度も拝見したので、「会えば誰がパパだか一目でわかると思ってたけど、そうはいかなくて」
じゃなかった一目で真家さんがわかると思ってたのだけど、ものすご~く近くで拝見しながら、「あたし、わからなかった(パッツィー風)」なのです…
ピコやダイアナといった子どもの役と、離婚調停に出席してる奥さん役ではニンジンとカラスほどの違いがあるとは思うけど、真家さん、こんなに細かったっけ?
可愛い系から美人系になった、そんな印象でした。

難しいことを考えることもなく単純に面白い、笑えるお芝居で、時間があればもう一度観たかったです。
とても幸せな時間を過ごさせていただきました

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

doraemon
2010年11月06日 23:59
こんばんワン 素直に笑える舞台って 最高に幸せですよね あ~Rinoさんの最後の言葉「とても幸せな時間を過ごさせていただきました」私がマンマ・ミーア!に通ってた時を思い出しますよ~
2010年11月07日 00:08
doraemonさん、こんばんは。
こういう舞台は、見終わった時に見た~!面白かった~!って満足感がありますよね!
マンマも作品を楽しんで、カテコで楽しんで、すごく元気をもらいましたよね
その思い出がたくさんあるから、今でも頑張らないといけない時にはマンマのCDを聴いてます
ミキミニ
2010年11月23日 18:30
Rinoさん、遅くなりましたが お邪魔します~
広瀬さんは、どんどん活躍の場が増えてはるな~って印象です!(Rinoさんが、いつも広瀬さんの舞台のレポをここにあげてくださってるから、かもしれませんが^^)
驚いたのは 久しぶりに名前を聞いた東京セレソンデラックスって  そういう客席なんですか~!?

あと、一人で笑ってたのが にんじんとカラスほどの違い と きましたか~ 笑
Rinoさんのいらっしゃるとこ、行くとこ、行くとこにアンカンパニーのセリフがちりばめられてるのがあたしは楽しいです♪ 
2010年11月23日 19:10
ミキミニさん、まいどっ!
広瀬さんの舞台はついつい観に行ってしまいますからね~。

セレソンって、一般の人ももちろんお好きな方がいですけど、私にはギョーカイ受けってイメージが強いんです

真家さん=ダイアナと思っているので、ついダイアナ&アンの台詞が浮かんでしまいました~。
ま~、あれだけ通いましたからね。
なのにわからなかったなんて失礼すぎですよね…
ここで一言。
「あのバリーさんとこの子は美人だといつも思ってましたし、本当に美人は美人ですがね」わからなくてゴメンなさい。

この記事へのトラックバック