夢にまで見た今日は初日だ♪ 〈クレイジー・フォー・ユー〉

2月19日、グリーンホール相模大野で「クレイジー・フォー・ユー」全国公演が開幕しました

オーバーチュアが始まって、会場の大きさに比してスピーカーが非力なことに苦笑してしまいましたが、幕が開くと残響の凄さに、これは自分の脳内で残響カットするしかないと思ってしまいました。
このホールは久しぶりに訪れましたが、こんなだったっけ?
そういえば、2007年の「夢醒め」をこのホールで観た時、マコの登場シーンが残響で余計におどろおどろしく感じたなぁと書いていて思い出しました。

と、余計なことはさておき…
今回は昨年の公演と比べてキャストの異動が多いので、観るところあり過ぎっ!
プリンシバルだけでも、秋ポリー、志村ランク、菅本母、田辺ユージーンが初登場。
それに何と言っても、大歓迎なのは広瀬ザングラーの復活
増本アイリーンも2007年の京都公演以来、4年ぶり。
もちろん、私には外せない石波エベレットもいます
(あの~、キャストシートの名前、石波善人になってるんですけど~~~以前、TVドラマのテロップで良人と書かれたものがありましたが、義・善・良、どれをとっても“よい人”ですね)

また横道に逸れそうなので、キャストごとの感想を。

荒川ボビー
昨年の京都公演の時に比べたら、覇気のあるボビーに戻ってました。
優しいだけではなく精悍な表情もあり、お腹回りもだいぶスッキリしたようで、動きも機敏さが戻ったように感じられました。
昨年はかなり・・・でしたが、このボビーなら

秋ポリー
登場シーンで、肩を前に突きだしてノッシノシと歩く姿がいただけなかったです
訛りを抑えようとしているのか、台詞が平坦で、顔を見なければ怒っているのか喜んでいるのかわからないことが多かったです。
歌も台詞と同じようになってしまっている部分もあり、力で押し切ってしまうような部分もありで、残念でした
すごく努力されてるんだと思いますが、もしかしたら気を遣いすぎなのかなぁ?

志村ランク
キャラ的にはザングラーより合ってるような気がします。
酒場&ホテルが繁盛した後も、あまりキャラが変わったように見えないのが残念。

増本アイリーン
私の好みから言えば、もっと大人の色気やスゴミを効かせてくれるといいなぁ。

広瀬ザングラー
ザングラーはこうでなくちゃ
昨年ずっとモヤモヤとしていたものがスッキリ解消
(実はそうではないのかもしれないけど)軽~く演じてる(ように見える)ところ、ごく自然に細かい演技をされているところ、見せるところはしっかり魅せるところ、どこをとっても目が離せません。
Wザングラーも動きがぴったりで気持ちいい~
実際に年を重ねられたこともあり、以前よりさらに等身大のザングラーになっているような気がしました。

石波エベレット
やっぱり可愛い(…て第一声がそれかよ)
昨年より芝居がかっていない自然な感じのエベレットに見えました。
「おお、なんてことだ、ザングラーさんですね?」も少し言い方が変わったように思います。
全体的に自然になっているから、偽ザングラーに手にキスされてになるところなんかが際だったのではないかな。
昨年の京都公演の途中から何かうまくいかなくなっていた掃除機シーンでの「え?」も、すっかり石波さんらしい間の取り方に戻っていました
そういえば、このシーン、ずいぶんテスとエベレットが真ん中に寄ってくるようになったんですね。
カテコの時に上着が脱げそうになってたのがまたご愛敬、とっても良い笑顔でした。
このブログを書いている20日は石波さんのお誕生日、おめでとうございます!

菅本ボビー母
列子さんのお名前を見た時は「イメージ違うんじゃない?」と思ったのですが、全く違和感ありませんでした。
ほんのちょっぴり、優しさや可愛さの垣間見える母でした。

田辺ユージーン
私にとっては神父さん(@マンマ)のイメージが強いので、つい懐かしい方に気をとられてしまったのですが、探検の服装が似合っていて、前からこの役やってるような錯覚に陥ってしまいました。


全国公演なので気になっていたセットは、やはりコンパクトで平坦でした。
ざっとこんな感じです。
・ガイエティ劇場の2階は登れない。
 ポリーは1階で「ランク!」と怒鳴ってました。
・ランクの酒場のカウンターに沿った2階の廊下が無い。
 ダルトン兄弟との決闘で、ビリーはザングラーの客室の前あたりで撃ち合いをして落ちてました。
・初日の楽屋セットは男性楽屋が無い。
 男性陣は幕の前に立ってるだけ、女性楽屋も簡易なものでした。
・遠見が一部しか無い。
 あるのはタンクくらいだったかな?
・ザングラー劇場の2階ベランダに登れない。
 ボビーは登ろうとして一歩だけ建物の横に足をかけますが、すぐ向き直って玄関前で「僕のだ!」


これから7月まで5か月、病気や怪我のないよう、スタッフ・キャストのみなさん、すてきな旅を!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

doraemon
2011年02月20日 23:59
こんばんは~

とても!充実したCFY観劇で感激!!ですね~
(ちょっとダジャレてみましたぁ~)
これを全国公演でなく専用劇場で
観れたら嬉しいのにね!!
石波エベレットにラブ注入
なぁ~んちゃって
私は知寿さんにラブ注入
でっせ~~~
2011年02月21日 00:36
doraemonさん、こんばんは!
東京の専用劇場だったら破産してしまいそうなので、かえって全国で良かったかも…
ではありますが、えらく観れない期間が空いてしまうのは精神衛生上良くないですよね。
知寿さんにLOVE注入し過ぎて自分がカラにならないように気をつけてね!
レポ待ってま~す!
ミキミニ
2011年02月21日 20:20
Rinoさん、こんばんは^^
うふ^^いいタイトル~!!
そして、石波さんはどれをとっても 良い人!うますぎです~(*^^*)
全国ってことでセットとか簡易になってるんですね。
でも、このキャストは楽しみ過ぎ~
(あたしは見るまで軽く一カ月はありますが;;;)

自分の脳内で残響カットできるなんて、すごい~!!
その残響、ファントムの
♪ここ~だ、ファントムがいるぞ~ ここだ―
だと、ぴったりかもしれないですが 笑
…関係ないコメントですみません(^_^;)
関係についでに、、、doraemonさんおもしろすぎ~(*^^*)
2011年02月22日 00:36
ミキミニさん、こんばんは。
1か月後にはどんなキャストになっているでしょうね。
「ここ~だ、ファントムがいるぞ~」ふむふむ、たしかにぴったり!
「完了!」はエコー効かせなくても行けちゃうかも(笑)
はい、doraemonさんは常におもろいです

この記事へのトラックバック