手を叩いて♪幕を開けよう 〈はだかの王様〉

「はだかの王様」全国公演が府中で開幕しました。
4月30日の厚木公演が震災の影響で中止になったため、今日が初日です。

会場は、2月の「CFY」でも訪れた府中の森芸術劇場です。
東府中で電車からホームに降りると、2月に訪れた時とは駅の構造が変わっていて、違う駅で降りてしまったかと思いました。
そういえば、2月の時も工事してましたっけ。
この劇場にはホールが3つあって、「CFY」はどりーむホールでしたが、今回はふるさとホールです。
客席は500席強で、自由劇場の2階の分を1階の左右にプラスしたようなホールでした。

今日は11時と15時の2回公演。
私が観劇したのは15時の公演です。
公式の記事で2チームあることがわかっていたので、今日はどちらだろう?とお昼頃キャストチェックすると、発表はいきなりのダブル。
今日のマチソワでキャストが替わるのか、今週中に替わるのか???
結局、劇場に行くまでどちらのキャストなのかわかりませんでした。
今回私が観たかったのは隆生さん。
久しぶりに隆生さんが観たくてチケットをGetしたくらいなのですから。
劇場に着いてキャストボードを見ると、希望通り11時の公演と同じ、隆生さんのいるチームでした

2月のどりーむホールではサムで拝見したワイスくんと、ボビー母だった烈子さんもいらして、ちょっと不思議な感じがしました。
そういえば、隆生さんもかつてエベレットをされてるんですよね?
どんなエベレットだったのかなぁ。

上演時間が休憩含む2時間10分となっていたので、録画でしか拝見したことはありませんが、そんなに長かったっけ?と思ったら、1幕と2幕の前に歌の練習があるんですね。
1幕の前に「幕をあける歌」、2幕の前に「王様ははだかだ」を何度か歌いました

最初に登場したのが、アップリケとホック。
ホックの白澤さんは、他でも拝見していると思いますが、「ロッテ」のクリスチーネが印象に強かったので、拝見しているうちに、ホックをやるようになったのかぁ~と、母の心境になっていました。
あんまり男の子っぽくはないけれど、元気いっぱいのホックでした。

隆生さんの王様は、ファミミュにピッタリの王様だと思いました。
優しい、可愛い、ちょっぴりおバカ、どれをとってもい感じです。
変に力が入ることなく、か~るく演っているように見えるのも、年季が入ってるなぁと思わせてくれます。
裸(フンドシ姿)になるところは、子どもたちの笑い声が聞こえてきますが、私は肌が白いな~と見入ってしまいました

デニムの川島くん、初見でした。
歌はもう少し頑張ってねという感じでしたが、「王様ははだかだ」の歌のシーンで、まさかまさか…目頭の熱さに耐えるのがやっとだったんです。
少し高めの舞台だったので、客席の子供と目を合わせるために、床にお尻が付きそうなくらい腰を落として、懸命に一緒に歌おうと促してる姿にやられました
ファミミュの“一緒に歌って~”というシーンでやられるとは…
ひたむきな姿って、感動しますね。

どなたでしょう?と思ったのがモモヒキの荒井さん。
初めて拝見するお名前ですが、どんな経歴の方なのでしょうか?

スリッパはムッシュ・ダルクで何度も拝見した川原さん。
こんな笑顔もされるんですね~(当たり前っか)
それにしても、お金儲けのために悪巧みという役が似合ってる…誉め言葉になるのかならないのか。。

深見さんやイムヒョンさん、加藤迪くんなど、久しぶりに拝見した俳優さんも多く、最近いかに偏った演目ばかり観ているかがよくわかりますね。
ということで(?)明日は「JCS」を観てきます

「はだかの王様」カンパニーのみなさん、身体に気をつけて、よい旅を

この記事へのコメント

ミキミニ
2011年05月16日 00:06
Rinoさん、続けてお邪魔します^^
「はだかの王様」をご覧になられたんですね!!
しかも、岡本さんで!!
いいな~
四季の公式の写真で見て、深見さんもいてはるし 自分も行きたいな~と、全国行脚日程を見てたのですが、関西はどこも遠いし、、、と いつもなら諦めムードになるところなんですが 今回は神戸まで行こうか?と、真剣に悩んでおります。

しかし、まさかのWにはドキリとされたことでしょうね(*_*)
無事、お目あての岡本さんがいらしてよかったですね!!

しかしRinoさんがやられるとは・・・・
若いこの「一生懸命」がRinoさんの弱点かな 笑
(前にもそんなお話を聞いた記憶がwww )
2011年05月16日 01:39
ミキミニさん、毎度です!
隆生さんと深見さんがいるとなれば、ミキミニさんもソワソワするかな~と思ってましたが、やはり!!
ミキミニさんお得意の名古屋もありますよ
開幕の何日か前に、友達が初日は2公演だから、マチソワで違うキャストってのもあるかもよ!って言ってたんです。
あるかも~、なんて思ってたところへWだったので、劇場でキャストボードを見た時にはザングラーさんのように「やった!」とガッツポーズをしたくなりました(笑)

若い子の懸命な姿を見ると、母親感覚になっちゃうのかな~?
好感を持てたことが収穫でもありました!

この記事へのトラックバック