東京公演2周年☆ 〈美女と野獣〉

画像


東京公演2周年の7月11日「美女と野獣」

劇場に着いてビックリしたのは、駐車場に学生さん(たぶん高校生)の大集団
記念日にこんなに大勢の団体さんがいるというイメージがなかったので、自分が日にちを間違えたのかと思っちゃいました
それでもほぼ満席というのは気分ですね。

この日のお楽しみは、なんと言っても久しぶりの佐野ビースト
このところの「オペラ座」でも2度拝見して、ファントムいい!と思いつつ、ビーストも観たい!と思っていたので、記念日に拝見することができて嬉しかったです。
その佐野ビースト、以前拝見した時とあちこち演技が変わっていて、新鮮&面白かったので、最後までビーストをガン見しちゃいました。
正幸さんが演じると、何故そういう演技になるのかということ=心の動きがよくわかるなぁ、と実感しました。
後である人に「それは四季でいう“折れ”だね」と言われて、あ~!まさに!!と思ったのでした。
そして、ベルを帰すシーンでの「行って!」は福井ビーストが好きなんですが、今回は佐野ビーストの「彼の元に行きなさい」でやられました
歌も良かったです

野中ガストンはものすご~く気合いが入っているように感じました。
“自惚れや”らしさも出ていて良かったです。
ルフウとのキスは激しかった!(笑)

赤間ルフウは、前回拝見した時はルフウに戻ったばかりで、それでもちゃんとルフウだな~と思っていましたが、今回拝見して、やっぱりルフウは赤間ルフウが一番好きと感じました。
コロッコロとした動きがルフウらしくて、演技がいきいきしてるしてる所が好きです。

道口ルミは、色気があったり、声のトーンがコロッと変わる所は良いのだけど、百々ルミで綺麗な身のこなしを見慣れてしまったので、どうも動きがドタバタとしている所が目に付きます。

2周年の特別カテコは、まず幕の間からチップが登場して客席にバラを投げました(このへんは1周年と同じ)
次に幕が開き、全員で振りつきの「Human Again」
ここで道口ルミが2周年のご挨拶。
最後に全員で「Be Our Guest」
そして通常カテコへ戻りました。
さすがに記念日らしく、客席はスタンディングで、幕が何回も開きました。

夜勤明けで30分寝ただけで劇場に向かったのですが、観劇中に眠くなることもなく、とても楽しませていただきました

写真は2周年の記念品、シールタイプの携帯クリーナーです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック