グリーンゲイブルズ日誌〈赤毛のアン〉

画像


劇場へ向かう時は急行を利用するのだけど、ホームの反対側に止まってた新型車両の座席がちょっとかわいくて思わずパチリ
背もたれの波形がかわいいと思って入ってみると、シルバーシートのハートデザインが何とも暖かい気持ちになるではありませんか~!
これから行く「ミュージカル赤毛のアン」の舞台・プリンスエドワード島も建物がと~っても可愛い島。
すでに気分が盛り上がってきました~

劇場に着いてすぐキャスト表をもらい、チェックしたのはやはりダイアナ。
9日のリハ見では拝見したものの、本番には登場しなかった可絵ちゃんが15日にダイアナデビューされたからです。
16日は休演だったので、今日はマチソワのどちらかには出演されるのかな?と思っていました。
私が観劇したマチネは可絵ちゃんでした。

一番気になっていたのは、日下さんの体調です。
10日に拝見した時には風邪気味でしたが、翌日観劇した友人の話ではかなり喉にきていたようなので、少し心配でした。
しばらく耳を澄まし、日下さんの声に聞き入っていましたが、今日は大丈夫
安心した途端、すっかり日下マシューの、いや、アンの世界に引き込まれて行きました。

日下さんも好調なら、梨絵アンも乗ってます♪
夢醒めの時もピコはハマリ役と思ったけど、アンはさらにハマリ役かも!?

さて、いよいよ可絵ダイアナの登場です。
実は、オーバーチュアで「ダイアナ、ちっちゃ!」っと思ったのです。今まで見慣れた真家さんが大きかったからでしょうね。(そういえば初めて真家ピコ観た時は「デカっ!」って思ったっけ
可絵ちゃんと言えば、リサ(マンマ・ミーア!)やルイーゼ(ふたりのロッテ)の印象が強いだけに、ちょっとお嬢様なダイアナをどう演じるのか興味津々。
う~ん、なんと表現したらいいのかなぁ?
ロッテっぽく振る舞ってるんだけど、あなたホントはルイーゼでしょ!?
そんな感じでした。。。
ダンスは相変わらずのキレキレダンスなんだけど、そこがまた返ってダイアナっぽくなかったかも!?
千秋楽までにどう変化していくか(しないのか?)楽しみにしたいと思います。

今日も、梨絵アンと日下マシューと不時子マリラを満喫させていただきました!
あ・・・アン、ギルバート、ダイアナ、ジョシーの4人のシーンでは(ジョシーは関係ありませんが)
一瞬、カナダのプリンスエドワード島ではなく、エーゲ海の孤島へ迷い込んだかと思っちゃいました

"グリーンゲイブルズ日誌〈赤毛のアン〉" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント