満員御礼 〈赤毛のアン〉

画像


チケボに「満員御礼」が出てると何だか嬉しくなっちゃいますね。
今日は枚目のメモリアルスタンプカードをもらいました。
千秋楽までにあと2回行く予定なので、このカードも満員御礼になりそうです


画像



今日はいきなり、マリラに釘付けでした。
ん~、マリラというより、登場してきた時の不時子さんにやられてしまったんです。
最初のシーンではいつも穏やかなお顔で登場するのだけど、今日は特別良い表情をされていたので、何かいいことあったのかな?と思ったくらいでした。でも、ベテランの俳優さんですもの、舞台に立てばすっかり役になりきってるはず。思い過ごしだと思うようにしたのですが、やっぱり気になって視線はついつい不時子マリラへ。。。
いつもは気づかなかったマリラのちょっとした表情の変化も拝見できました。しつこいようですが、やっぱり今日はいつもより柔和なお顔をされていたように思います。私なんかが言うのは失礼なんですが、可愛らしくて&ステキで見とれてしまいましたよ~。

「嬉しいというのは全然適当じゃないわ」と涙するアンに
「適当な言葉が見つかったら晩ご飯にしますかね」
すごく温かい言葉に聞こえてきます。
今日特にやられてしまったのは、マシューが亡くなった後のシーンです。
アンがクイーンズ学院への進学をやめ、グリーンゲイブルズに残ることを話すと
「あんたにそんな犠牲を払わせるわけにはいかないよ」
マリラのアンに対する愛情と、アンのマリラに対する優しい気持ちを感じ取ったマリラの心情がものすごく伝わってきて、涙腺が緩み、舞台が見えなくなってしまいました。

アン、マリラ、マシュー、誰を観てもみんな素敵です。
ちょっと視点を変えるとお気に入りのシーンがどんどん増えていきますね。

それから、もうひとつ「お~」と思ったのが、雅登ギルバート。
観るたびに良くなってるんですよ~。
歌に感情が乗るようになったし、お芝居も細かくなってきて、表情も豊かになったと感じました。
初めて拝見した時、みんなよりワンテンポ遅かったダンスが、今ではちょっと早いくらいあ、それは直さないといけませんね。。。でも自信がついたんだと思います。千秋楽までどのくらい魅力的なギルバートになるのか楽しみです

私の好みかもしれませんが、ダイアナはまた真家さんで拝見したいなぁ。
可絵ちゃんは、どんどんお嬢様から離れてしまってて・・・
お嬢様がお酒を飲んで豹変するところが面白いのだけど、
今の可絵ダイアナは最初からおてんば娘で、お酒が入るとガラッパチになるだけなんだもの。
可絵ちゃんだったら、ジョシーの方が似合いそうだと思うのは私だけ?

さて、今日はちょっとお疲れ?だったのが、梨絵ちゃんと江寿多さん。
江寿田さん、1幕では力ずくで声を出してると感じたのですが、2幕ではご自分で抑えられたのか、いつもの70%くらいの声量で歌われてる部分がありました。掠れたり裏返ったりすることはなかったので、明日の休演をはさめばまたきれいなお声が聴けると思います。
梨絵ちゃんは、レイチェルへのお詫びの歌で最後「どうぞ、おゆるし~を~~~~~」
いつもはどんだけ息が続くの?と思うくらい伸ばすし、余力を残して歌い終わってるのに、今日は最後がフェイドアウトしてたので、あれ?と思ったのが最初でした。
そして、スカートのファスナーをおろしながら2階に駆け上る時の「うん!」これがいつもと違いました。この「うん!」は嬉しくってわくわくしてハイテンションのために声が上づってたはずなんですが、今日は地声のままでした。やっぱり疲れてる?そう思ったけど、表情や動きはいつも通り、元気いっぱいでした。
それが「ああ、やっぱり」に変わったのは、マシュー最期のシーンでした。
ただならぬマシューの様子に大慌てで「マリラ~!マリラ~!」と叫ぶ声でいつも涙腺決壊寸前になります。でも、その声が掠れてるじゃありませんか・・・あらら、梨絵ちゃん応援団としては、ついつい梨絵ちゃんの心配に頭が切り替わってしましました
でも、梨絵ちゃんもまた週明けには元気な声を聞かせてくれることでしょう

"満員御礼 〈赤毛のアン〉" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント