聴いてるだけでワクワク

画像

先月ようやくレンタル解禁になった「アンドリュー・ロイド・ウェバー/ザ・コンサート」DVDを観ました。
(DVD発売は2006年だったようです)

北京でコンサートのライブです(出演はBWメンバー←いわゆるBWキャストかどうかは???)
オープニングは北京の街を映し出してるんですが、これがJCSのナンバーにぴったりハマってるんです~。1973年版や2000年版のJCS DVDに続き、2006年版JCSを観ているかのようです

「キャッツ」や「オペラ座の怪人」など日本でもお馴染みの作品の他、こんな曲調の作品も作るんだぁと思う曲もありました(BWミュージカルに明るい方には全部お馴染みの曲なんでしょうね~)

当然ながら歌は英語ですが、聴いて心地いい~!
思わず(日本語で)口ずさんじゃったり、気がつくとフリマネしちゃってたり
2回目はDVDをつけたまま別のことをしてたんだけど、曲を聴いてるだけで頭の中では舞台を観てる感じ。

いろんな作品のいいとこ取り、つまり「名曲」ばかりですからね~、もう舞台が観たいのなんのって(笑)いや、でも観るとしたら限りなく“マイベスト”に近いキャストさんで観ないと、かえって欲求不満に陥りそうだしう~、ガマン我慢。。。

このDVD、コンサートの映像を見るのもいいけど、すっかりその気に(どの気?)になれるBGMとして流してる方がもっと好きかも~。

"聴いてるだけでワクワク" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント