ついに千秋楽 〈デュエット〉

知寿さんの今後の予定がわからないまま千秋楽を迎えた「デュエット」
当分、知寿さんの舞台を拝見する機会はないかもしれない知寿さんの姿を目に焼き付けておかなければ・・・

千秋楽の知寿さんは重石がとれたように楽しそうでした。
再出発第一弾の作品が無事に終わるという安堵感が表れていたんでしょうかね。

石井さんのアドリブも炸裂(知寿さんも鼻でクスッとしてた~)で、楽しい千秋楽となりました。

カテコで知寿さんもチラッと触れられてましたが、復帰第一作で今までとは全く違う環境で舞台も取材もこなされた知寿さん、いろいろ戸惑ったり悩んだりしたことでしょう。共演者が石井さんで、知寿さんはかなり助けられたんじゃないでしょうか。あのテンション、すご過ぎです

カテコは予定通りの千秋楽挨拶があった以外は、かなりあっさり。
挨拶すら無い四季でも、ストプレは別として、ミュージカルの千秋楽であんなにあっさりって珍しいんじゃ?

と言う私も、久しぶりに知寿さんが観れたことは嬉しかったけど、「デュエット」という作品はかなり“下降メロディー”だったのです。
知寿さんが「ここはいらないんじゃない?」とカットを申し出た部分があるとおっしゃってたのには、そうだろうな~と思います。もっと磨かれた作品にできたら良かったのになぁ。

というわけで、知寿さんの次回作は、知寿さん目当てでなくとも通ってしまうような、もっと良い作品を切望します。
知寿さん、石井さん、お疲れ様でした!

"ついに千秋楽 〈デュエット〉" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント