“規制緩和”ならぬ混雑緩和? 〈夢から醒めた夢〉

画像


「夢のパスポート企画」キャンペーンが開場時も受付してることに気づきました。

ロビパがある関係で(だと思います)引換は休憩中と終演後とアナウンスされていたこのキャンペーンですが、開場時、劇場外(入口前)にカウンターが開設されていました。
初日の経験だと、ハシゴキャンペーンもありプログラムの列もありで、休憩も終演後も並ぶことに時間をとられてしまう状態だったので、これだけでも助かります。

今日のお昼頃は、小雨が降ったり止んだりの天気。
これでは、ロビパは外ではできません
そうなると、狭い秋劇場のロビーは混むだろうな~と思っていたら、二人一緒にいることの多い高脚ピエロが今日は別れて行動。それでもかなりの混雑だったけど、だいぶ緩和されてたように思います。

画像


それにしても、ロビー内で写真を撮るのは難しい~
暗いからシャッタースピードが極端に遅くて、チャンスを逃してしまうのですよね~。
フレームに入る前にシャッター押さないと実際に撮影されるのは通り過ぎた後
早めに押すと他のお客さんが前に出てきたりするし、思った写真が撮れません・・・

画像


舞台の方は、今日も“素晴らしく素晴らしい”ので、言うことがありません
カテコの盛り上がりが全てを物語ってるという感じです。

くだらないことに気づいてしまいました。
マコを探せのシーンの、ファイルに挟んであるリストって、顔写真も入ってるんですよ~。
(ファイルが半透明なので透けて見えてます)
なので、メソが「赤川マコ・・・ピコ、この子じゃないか?」ってリストを見せれば、スクリーンに映し出さなくてもその場で確認できてるはず。。。な~んて。
しょーもないこと考えちゃったって・・・わかってますから

今日は思わぬシーンで涙腺が緩みました。
霊界空港におばあちゃんがやってきたシーンで、久しぶりにおじいちゃんに会った佐和老婦人がウルウルしてるのを見て、きちゃいました
いつもいいシーンだな~と思っていましたが、今日はやられました~。

いままでの「夢醒め」はボロ泣きで観ていたんですが、今回の公演は何度か涙するものの、気づくとニコニコ顔で観てる自分がいます。
思い入れのある梨絵ピコが目の前で飛び跳ね、泣いて笑ってるのが嬉しくて嬉しくてたまりません

"“規制緩和”ならぬ混雑緩和? 〈夢から醒めた夢〉" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント