本物のコーラスライン 〈ブロードウェイ♪ブロードウェイ〉

映画「ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢」を観てきました。

ブロードウェイで16年ぶりに再演される「コーラスライン」のオーディションを追ったドキュメンタリー映画で、第一次~第三次選考を経て最終選考までの8ヶ月、3000人の応募者の中から19人を選び出すまでを描いています。

「コーラスライン」という作品自体がオーディションを描いた作品なので、その作品に出演するためのオーディションはまさにコーラスライン。
そこに実際のACLの映像やACL初演時の映像がインサートされてくるので、頭の中はコーラスラインづくし

TVでよく見るドキュメントのように誰か一人をフューチャーした描き方ではないので、じっくり観るというより、次から次へとあちこちを見て回っているという感じでした。

1つ1つの場面がすごく短いのだけど、その一瞬の映像でも合格する人は違うのだと思いました。
見た途端「お!」と思って、体を乗り出しそうになります。
素人の私が見てもこうなんだから、プロが一瞬で合否を振り分けるというのは納得ですね。
合格する人のダンス・演技には、審査員の表情にもワクワク感が広がっていて、そのお顔を見てるだけでも楽しい気分になりました。

圧巻だったのは、ポール役のジェイソン。
女装した姿を両親に見られたことを語る場面でした。
台詞の一言目が発せられたかどうかという時点で、私の目には涙がジワ~ッ。
台詞を聞くと(英語だから表情を見ていただけに近い)自分の涙の波が見えました
オーディションでの演技を観てるだけなのに。。。どうしちゃったの私?
そう思ったのですが、私の両隣の席の方も泣かれていたので、ちょっと安心。
スクリーンには、審査員まで泣いてるのが映し出されているではありませんか~。
このシーンだけでも1,000円分(←レディースデー)の価値があると思ったほど、本当に感動的でした。

この作品全体としては、ACLの舞台を観たことがあるからこそ楽しめる映画かなぁ。
ブロードウェイの初演を観た方にとっては、涙ものかもしれませんね。
四季版のACLを観た私は、ようやく“仕事を手に入れた”ダンサーたちの姿を見て、また舞台を観たくなりました。
同時に、このオーディションで採用されたキャストで「コーラスライン」を観てみたいと思いました。
でもBWは遠過ぎです

"本物のコーラスライン 〈ブロードウェイ♪ブロードウェイ〉" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント