市村ザザファイナルにつられて 〈ラ・カージュ・オ・フォール〉

未見の作品だったので“市村ザザって?”と思いつつ、ファイナルステージという文字が目に留まり、公式HPを覗いて、発売日についポチッとしたチケットで観劇してきました。

出演は鹿賀丈史・市村正親・島谷ひとみ・山崎育三郎・香寿たつき・新納慎也・真島茂樹・今井清隆・森公美子 他。
ね、ね、ちょっと観たくなっちゃうキャストでしょ

言わずと知れた劇団四季時代の盟友・鹿賀さん&正親さんコンビの舞台は「ペテン師と詐欺師」に続き、2回目の観劇です。
今回は初代ファントム・正親さんと七代目ファントム・今井さんの共演も気になるところ。
って、結局、元四季ばっかり興味あるんじゃん!!
いや、モリクミさんの爆裂パワーも好きですよ

これまでに何度か正親さんの舞台を拝見して感じたのは、作品自体がいまいちなものが多いということ。(生意気ですみません)
正親さんの演技力だけが浮いちゃうような舞台をいくつか観ました…
なので、今回もどうかな~と不安を抱きながらの観劇でしたが、始まってすぐ“これ、楽し~い!”と思ってる自分がいました
ゲイクラブのショーが明るく元気で楽しい
後半にも魅せ場があるんだけど、ウォーターボーイズのショー版といった感じ。
いきなり楽しい場面を見せられてしまい、あっさり引き込まれてしまいました~

音楽も楽しくて良かったです。
最近の四季は生オケじゃなかったり、55Stepsはバンドで物足りなかったのですが、この作品では久しぶりにオケにワクワクしました
やっぱりミュージカルはこうあってほしいですね。

今日一番良かったのは正親さんの巧さを堪能できたことです。
ゲイのザザが男のフリをするところなんか、うまいな~!と感心しながら観てました。
正親さんが巧いのは言うまでもないんですが、ザザ役はハマってると思います。
こういう演技、どうやって勉強するんだろ?

この作品、はっきり言って、内容はないよ~なんです。
1幕なんて1時間半あるのに、まったくと言っていいほど話は進んでない
なのに、楽しい&巧いってだけで、満足できちゃう作品です。
細かいレポができないのが情けないですが、ほんとに面白かったんですよ~

今回がファイナルだという市村ザザ、観ておいて良かったと思います!
「大変な満足を覚えましたから」あれ?

"市村ザザファイナルにつられて 〈ラ・カージュ・オ・フォール〉" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント