祝!ライオンキング10周年

画像


12月20日、ライオンキング東京公演が10周年を迎えました!

大入り袋も10周年にちなんで(だと思います)10種類のチャームが配られました。
私がいただいたのは、やった!シンバでした~

最近は、記念日と言ってもそれほど特別感がなかったのですが、今日はお出迎えの社員の方もたくさん。春劇場の入口にはお祝いの花も飾られ、2階ロビーには海外のLKカンパニーからお祝いメッセージ展示もあり、記念日らしいお祭りムードがありました。
(でも思ったほどではなかったかな

さてさて、肝心なのはやっぱりキャストですよね。
10周年シンバは、この人しかいないでしょうと思っていた田中彰孝くん。
月10のキャスト発表を見て、やっぱりと言うか、何てあからさまなと言うか…そう思われた方は多いのでは。そうは思ってもやっぱり“やった!”と思っちゃいました~。
そして楽しみだったのが初見の道口スカー。
「夢醒め」のデビルがと~っても良かったので、期待大だったのです。それに、ヒノデロを拝見した時に下村さんの通じるものがあると思ったので、下村スカーな感じかな~と想像をめぐらしていました。
大好きな野中スカーも観たいし、道口スカーもすごく観たい!!
どちらかは観られるだろうとドキドキしながら発表を見たら、見事にお二人が東京と福岡で登場でした。

実際に拝見した道口スカー。
声の抑揚や言い方が下村スカーによく似てます
似てるとどうしても比べちゃうんですよね。
私的に下村スカーはあまりに完璧なスカーだったので、比べちゃうとどうしても差がついちゃう…
でも、道口くんならもっともっと素晴らしいスカーになれると思います!
それこそ“うぉ~!”と思えるようなスカーが仕上がる日を心から楽しみにしてます

道口スカーに触発されて、下村スカーが観たくてたまらなくなりました
下村さんを最後に拝見したのは、昨年のハムレットの初日でした。
あれからちょうど1年になります。お元気でしょうか。

話がそれました…
10周年らしいレポをしようと思ったのですが、特に書くことが見つからず
作詞家ティム・ライスさんが舞台に上がられたのが10周年らしいサプライズでした。
特別カテコの様子は早々に公式にUPされていますので、そちらをご覧下さい。
特別カテコの後は拍手も延々と続くことはなく、かなりあっさり目という印象でした。


敢えて今日の感想を書くと「10周年は単なる通過点にすぎません」その言葉通りだったように思います。
どこまでロングランになるのか、どんなLKになっていくのか、楽しみです。

"祝!ライオンキング10周年" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント