元祖!?707便 〈エルコスの祈り〉

「エルコスの祈り」会員観劇モニター追加公演@日生劇場に行ってきました。

エルコス…鳥原如未 ストーン博士…半場俊一郎 ジョン…中村匠 ダニエラ…青山弥生 パルタ…荒木勝 ダーリー…川口雄二 理事長…鈴木周 セールスマン…神保幸由

以前、映像で「エルリック・コスモスの239時間」を観ました。
で、今回の「エルコス」の観劇にあたって、「夢から醒めた夢」が途中で大幅リニューアルされたように「エルコス」もかなりリニューアルされているんじゃないかと、勝手に想像してました…
だってね、バッテンバツバツロボットなんて、スターウォーズのC-3PO真っ青の1960年代風のロボットだしロケットは昔の“空飛ぶ円盤”みたい…
「ダメージその1」とかのギャグ(?)も1970年代のお笑い番組みたいなんですもの~。
ぜ~んぜん変わってませんでした~
(でも、楽しく拝見してきましたよ

変わった所と言えば、衣装とダニエラたちのメイク。
あと、以前は100年後だったのが、50年後の世界になってました。
以前観た映像が1990年代のものだったので、ロケットが「20世紀から21世紀に変わる時に多少揺れることがある」と言ってましたが、「10年ごとに揺れる」に変わってました。
「夢醒め」でもお馴染み(?)有名人の名前は「脚はカールルイス、腕はナブラチロワ」から「脚はベッカム、腕はボブサップ」に。
そうそう、忘れちゃいけません。
一番変わってたのは、エルコスを殺すのに「以前は塩水につけてショートさせる」だったのが「冷凍庫に入れて凍らせる」になっていたことです。

ダニエラたちが逃亡のために乗ろうとするのが“ドリームスペースラインズ707便”
707便って聞くと夢醒めって思ってしまうのですが、「エルリックコスモスの239時間」の方が先に作られているようですね~。

いや~、それにしても生の舞台って、やっぱり凄いです。
なんだかんだ言ってても、俳優さんからパワーが伝わってきて、一所懸命観てました

今回、今までと違った一面が見れたのが、半場さん。
ピアンジにしてもヘロデにしても、ちょっとクセがありますからねぇ。
ストーン博士がいい人役ということもあってか、すてきなおじさまでした
弥生さんはちっちゃこい体をめいっぱい使って、荒木さんは大きな体をゆったり動かし、その対比がまた面白かったです。
川口くん、ちょこんと座ってるところはオーアマ(@解たま)になってる~~!可愛い
可愛いと言えば、アンサンブルでひたすら観てしまったのが和泉沢くん。可愛い~「CFY」のピートがまた観たいです。

すっかり恒例となったらしい、お見送りもありました。
ジーシンくん、弥生さん、周さんたちと握手でお別れしました~。

今度は是非、時代に合ったリニューアル版が観てみたいです。

モニター観劇なのに、アンケートとか無いの?と思って帰ってきたら、
メールでアンケートのお願いが届いてました。
珍しく、いろいろ書きましたよ~。

"元祖!?707便 〈エルコスの祈り〉" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント