リベンジ大成功!面白かったぁ~! 〈サマーハウスの夢〉

先日、作品とは関係ない所で、とんでもないドツボにハマってしまった「サマーハウスの夢」
あれから、ドツボの原因(?)高井ファントムも観てきたし、予習しておきたかった「BB」も観て、しっかり2回目の観劇に備えました
佐野ビーストがあまりに可愛い過ぎて、今度は佐野ビーストがピヨピヨするんじゃないかという別の不安はあったものの、嘘のように妄想は吹き飛び、今回はしっかり「サマーハウス」を堪能してきました
(ほんの一瞬、種井デュト様が頭の中を猛ダッシュしたけどね

エイクボーン作の面白さに、それをちゃんと表現できる俳優さんたちが適材適所にいるな~そう感じました。
偉そうに言うと、この作品って、俳優さんがたしかでないと、冷ややかな笑いが起こるか、コントみたいになっちゃう気がするんです。
でも、歌の上手な方、演技の上手な方…うまくキャスティングされてましたね~
もちろん、それだけでなく、俳優さんたちの努力の賜物ですね~。
惜しむらくは、メルの歌かな。あの場面での歌ですからね…

四季版「BB」を観た後だからわかったこと。
「BB」のベルはお転婆娘、「サマーハウス」のベルは不思議ちゃん。
ほのかさんは、不思議ちゃんなベルがと~っても似合ってます!
「BB」のベルはほのかさんのキャラとは違うかな…って思いました。
でも、このベルを観てるとほのかさんのドナも想像できなくなりました
それから、前回観た時は、バルドマーの性格が何であんなにナヨナヨ系なんだろう?なんて思いましたが、「BB」のビーストからバルドマーのキャラクターになるのが理解できたように思います。
アマンダとの対比という点でも、ちょっと弱いバルドマーな所が面白いです。

本日のツボ。
1つ、加藤アマンダの音痴っぷり
「ACL」のクリスティンよろしく、見事なはずしっぷりに、こっちがホントの旋律なんじゃないかと思えたほどでした。
横にいる米谷さんがつられちゃったらどうするのなんて余計なお世話(笑)
2つ、石波グレイソンの可愛い表情
あっけにとられた顔、テレてる顔、いろんな表情が可愛いったら
次はどんな表情かと、前方で台詞のある方より、後方の石波さんを観察しちゃいました~。
3つ、「赤ずきんちゃんも」
素っ頓狂な声を発した石波グレイソン、バッチリでしたよ!

この作品を拝見したことで、エイクボーン作品=面白い!という図式が私の中で確定しました
音楽劇というジャンルももっと広がればいいな~と思います。
ある意味、ミュージカルより俳優さん確保が難しいかもしれないですけど。

今回はだいぶ遠回り(名古屋・京都と文字通り遠回り)だったけど、回ってきたどの演目も楽しくて、おまけに相互作用まであって、満足感いっぱいです
素晴らしい作品をありがとうございました。

"リベンジ大成功!面白かったぁ~! 〈サマーハウスの夢〉" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント