ぼくの気持ちは空を飛んでる 〈クレイジー・フォー・ユー〉

13日ソワレ、2回目の「クレイジー・フォー・ユー」に行ってきました。

開幕から1週間、ちょうど脂が載っていい頃合いかなと期待した通り、初日よりさらに楽しませてもらいました
川原ランクのおネェっぽさも抜けたし(笑)、八重沢さんのアイリーンが戻ってきた!という感じました
ボビーとザングラーの動きも、手を振り子のようにブラブラがうまく合うようになってました。
食べてる時の口の開閉は全く逆になっちゃってましたが
エベレットも初日より柔らかさが出た感じです。
少し残念だったのは、女性アンサンブルの台詞と歌が弱いと感じたことと、テスの印象が弱いこと。
あとはテス次第で舞台がもっと締まってくるんじゃないかなぁ。恒川さん、頑張れ!!

初日にあれ?、今回やっぱり!と思ったことがあります。
ボビーがザングラーにダンスを披露した時の台詞「ニューヨークではまだ認められてませんが」「お前なんかどこへ行っても認められん」みたいな感じに言ってました。
CDでは「まだものになってませんが」「ものにならん!」ですよね。
これって、いつから変わった(変わってた)んでしょう?
娘に聞いてみたら「前回も“認めて”だった」と言うのですが、自分の記憶が定かでなく…モヤモヤ

初日は後方席で気づかなかったのか、今回は田中(廣臣)さんの掛け声に気合い入ってる!と思いました。
田中さんの優しげなお声のためか、部長@夢醒めの印象が強いのか、なんだか微笑ましくてにんまりしちゃいました

すごく細かいことだけど、ムースが脇のニオイを嗅いだ後の反応の仕方が以前と変わったのがちょっと残念。
前回公演の方が可愛くて好きだったなぁ。
それと、信託物件証書を客席に投げなくなったことに寂しさを感じたりします。
前回公演で足下に降ってきた証書の破片は大事にしまってありますもの。

とまあ、細かいことはあるものの、すっごく楽しかった~
あっという間の3時間でした!!

"ぼくの気持ちは空を飛んでる 〈クレイジー・フォー・ユー〉" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント