山田太一さん書き下ろし 〈沈黙亭のあかり〉

劇団俳優座「沈黙亭のあかり」@紀伊國屋ホールを観てきました。

昨年、劇団昴の「河の向こうで人が呼ぶ」を観劇した際、ポストショートークに出演された山田太一さんが「今、新しい作品を書いてます」と仰っていたのが、この作品。
いや~、面白かったぁ!!
笑って、ちょっと考えさせられて、また笑って。
よくありそうな重た目の話かと思えば、ハチャメチャな展開だったり。
とにかく面白かった~!本の勝利

舞台セットは、沈黙亭というスナックの店内のみ。
上演時間は、休憩15分を含めても2時間10分。
そんなシンプルな舞台でありながら、見終わった時に満足感がありました!

私の数少ない俳優座観劇では、客層がびっくりするほど高年齢でしたが、今回は若い層も多く、10代と思われる集団もいくつか来場されてました。
おかげで客席の反応も違和感がなく、存分に楽しめた気がします

良かった上で、敢えて書いてみると、登場人物全員が全員濃すぎかなぁ、とも思いました。
もともとそういう設定なのか、演出なのか、劇団のカラーなのか?
マスターの他にもう一人くらい、フラットな人物がいたらもっと良かったのでは?などと考えたりしながら帰ってきましたが、カラーもうまく混ざれば綺麗な色が出るけど、濁ってしまう場合もあるからなぁ…う~ん、やっぱりよく判らないや~

公演期間が長かったら、もう一度じっくり観てみたいなぁと思う作品でした

"山田太一さん書き下ろし 〈沈黙亭のあかり〉" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント