下村さんと龍平くん de 初電劇 〈ゴール〉

電劇ミュージカル「ゴール」@俳優座劇場、観てきました。

正直なところ、電劇はまったく存じ上げなかったので、作品や元四季以外のキャストに関しての期待はなく、下村さんと龍平くん、映像でしか拝見したことのない堀米さんを楽しみにしていました。

期待していなかったこともあってか、作品の構成・演出がすごく面白かったです
一幕はテンポがよくて、次はどう展開するんだろうと、目が離せない状態。
反対に二幕はストプレを観ているようなゆっくりとした流れと、時に激しさもある舞台でした。
オーラスの少し手前の学芸会みたいな演出ががっかりだったけれど、そこで終わりでないところが良かったです。
馬車も、人間とムチと大きな布だけで表現されていましたが、ちゃんと馬車に見えるだけでなく、躍動感があっていいな~と思いました。
いいか悪いかは別として、お客さんにインタビューしちゃうミュージカルって初めて観ました~。

下村さん以外は、基本的に“馬”なのですが(下村さんも馬になってました)、スルスルッと抜けていったかと思うと、次の場面では人間として登場したり、人間でも別の役で出てきたりと、どの舞台でも普通にやっていることではあるのですが、ワクワクしちゃったからかしら?なんだか香盤表を見てみたくなりました。

下村さんは、馬役の時、踊ってました~
踊る姿は可愛かったです。
一幕は若くてステキな公爵、二幕は年老いた公爵でしたが、下村さんが老人を演じると、声が完璧にドプ…(以下いろんな意味で自粛)
いや~、ドッペルゲンガーを見たかと思いました(笑)

龍平くんは響人では拝見しましたが、ミュージカルで拝見するのは久しぶり。
ダンス、きれいでした!
ダンスとともに見とれてしまったのは、二の腕
ムキムキではなく、いい具合の筋肉の付き方で
駿馬過ぎてあんまり馬っぽくなかったけど、イヤなヤツ(イヤな馬)っぽさは良かったです。

堀米さんは歌を聴いた時、あ~元四季だ!と思いました。
四季らしい歌い方って、何かあったっけ?と自分でも考えちゃいましたけど。

初見の吉田朋弘くん、一頭の馬の生まれでた時から殺されるまでを熱演でした!
最初の群舞の後、まるで水道の蛇口がちゃんと閉まっていないかのように、何分間もすごい速さで汗が溢れていたのが印象的でした。
また機会があれば別の役も拝見してみたいです。

普段見慣れているミュージカルとは違って新鮮で面白かったです。
こういう作品も、キャスト次第ではありますが、また観てみたいな~と思いました。

"下村さんと龍平くん de 初電劇 〈ゴール〉" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント