近頃自分が自分じゃないような気がするんだ 〈クレイジー・フォー・ユー〉

5月8日「クレイジー・フォー・ユー」前橋公演に行ってきました。

会場の前橋市民文化会館(大ホール)は、1階席のみのホールで、1200席程の規模でした。
舞台は間口はちょうどいい広さに思えましたが、かなり客席近くで演技されていたので、意外と奥行きはなかったのかもしれません。
前説の時は声がわんわんしていたので、「ここもか?」と思いましたが、幕が開いてみると全く気にならず、集中して観ることができました

デビューからちょうど10公演目、私が観劇するのは4公演目の松島ボビー、観劇の度にだんだん良くなっていくのが観ていて面白いです。
改善すべき点がたくさんあるからこそ、こんなに変われるのでもあるんですが
デビューの日にすごく気になっていた間の取り方も、だいぶ良くなってきましたし、ダンスも“きれい”に見えるようになってきたなぁ、と思います。
歌が伴奏とズレていたり、時々音が外れたりと、不安定なのが残念です。
今回は「They Can't Take That Away From Me」が考えながら歌っているというか、自信無さそうにも聞こえてしまいました…
昨年、敬二ボビーがカツラを落とすというレアなシーンを観て得した気分だったワケですが、松島ボビーはよく落としてるんでしょうかね?
私が観ただけでも2回の落下がありました。
できるだけ飛ばそうとするチャレンジ精神は大好きなので、キャッチを頑張ってほしいなと思っています
それから、新聞が破けなかったことも、金塊をキャッチできなかったのも2回ずつ観ています
あれ?キャッチは苦手なのかしら?(笑)
細かいことを言うと、金塊をキャッチした(できた)直後に金塊を高々と掲げる動作をキッチリ決めてくれないかなぁ、とも思っています。
金塊を握った手を挙げるんだけれど、いつもそのまま動きが流れてしまうのが気になるんですよね。

秋ポリー、多摩公演の時はだいぶ訛りが緩和されたと思ったのですが、それ以降はまた訛りが気になるようになってしまいました
特にミーティングのシーンは気になって気になって…
キャラは合ってるし、デビューの時にはいまいちだった歌もとても良くなったので、日本語を頑張ってほしいなぁ。

松島ボビーほど目立つ変化ではないけれど、石波エベレットの変化を毎回楽しんでいます
今回の全国公演から少し変化していたのですが、多摩公演から変化が顕著になりました。
エベレットを注視していなければ気づいていない方もいらっしゃるかもしれませんが。
変化させている要因は別かもしれませんが、結果的に、私が考えているエベレットというキャラクターにより近づいている気がします
次に拝見する時にはすっかり安定してるのかな?

今回の全国公演でずっと気になってはいたものの、他を観るのが忙しくて、毎回ノーチェックになってしまっていたことがひとつあります。
ジミーのペットのワニオです。
この日も2幕ではノーチェックになってしまいましたが、1幕ではほぼずっと観ていたはず。
ですが、ワニオは登場しませんでした…
ワニオはペットじゃなくなっちゃたんでしょうか
大きな劇場や後方席ではワニオは見えないけれど、ジミーが何かしてる…くらいはあってもいいと思うな~。

他にも、2月のデビューの時より良くなったと思うキャストや、さすがベテランと思うシーンがあちこちにあって、次回の観劇ではどうなっているのか楽しみです

最近、あまり写真をUPしてないので、こんな写真をUPしてみます。
「CFY」と関係ないじゃないかって?
わかる人だけわかればいいんです
可愛いってことで勘弁して下さい~。

画像

"近頃自分が自分じゃないような気がするんだ 〈クレイジー・フォー・ユー〉" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント