いつまでもどこまでも切り抜けてゆこう 〈クレイジー・フォー・ユー〉

今週は18日と21日の2回、「クレイジー・フォー・ユー」を観に行きました。
訳あってハイペースです

ほぼ1年半ぶりに柏パッツィーの登場です。
手(腕)の表情が相変わらず気になるものの、天然っぷりが可愛いです
ラストのデッドロックで、ボビーとポリーを引き合わせる相談をするシーン、テスが「いいこと思いついた。ねぇ、集まって」と言うと、パッツィーが天然言葉(?)で「集まって~」
18日はいまひとつでしたが、21日は笑えました。

先日、あれ?と思ったボビーが階段を滑り落ちた後の最後の一歩。
最後の一段だけ、降りる向きがおかしいのですが、やっぱりすんなり降りてしまいます。
あの最後の一段は、階段を滑るのとセットだと思っていただけに、物足りない~

ボビーのカツラ投げは、18日はかなり思い切って投げていて面白かったのですが、2回目は落下させてしまいました。
21日は投げ方を加減していて面白くなかった…
トス&キャッチの技も磨いてほしいです。

21日は珍しくWザングラーの場面で、松島くんと広瀬さんの動きが合っていなかったように思います。

座席位置の関係(ムースやサムが被ってしまうことが多いのです)でしばらく見れなかった「The Real American Folk Song」のエベレットが伸び上がる所が、この2回続けて見れました
相変わらず可愛いのだけれど、ベッツィー(かな?)に腕を抱えられるようにして伸び上がってた時の方が(構図的に)もっと可愛かったのになぁ。

そうそう、21日はムースたちが登場するシーンで、タイヤがギュイギュイかなりの音を立てていたので、大丈夫かな?とタイヤの当たりを注目していたら、スネオが本当に車に轢かれちゃいました
それから、ボビーが喉に詰まった酒瓶の栓を飛ばすと、カウンターの中に入らず、床に転がりました。
どうするかな?と見ていたら、少ししてアンサンブルに動きが出た時に石野ビリーが拾って安東ハリーに投げてました。
また、アイリーンがバッグを投げると弧を描いて舞台下手前方に落下。
こちらは澤村ワイアットが拾いました。

今回の東京公演が始まってから3回観劇しましたが、毎回カテコはあっさりで、客電が点くと拍手も終わり。
この公演の間に、もっと拍手をしたくなるような舞台になりますように。

"いつまでもどこまでも切り抜けてゆこう 〈クレイジー・フォー・ユー〉" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント