4回分の感想とハプニング集 〈クレイジー・フォー・ユー〉

観劇が多すぎてブログが追いつきません
「4回分の感想を2分にまとめて言うから」(←演目違うってば)というわけで、8月25日・31日、9月3日・4日の4回分の感想を少しと、その時のハプニングをまとめてみました。

まずは感想から

24日から登場された佐藤夏木さんのパトリシア、なんだか違和感があります。
妙に落ち着いてしまってるとでも言いましょうか。
村澤フォーダーとは夫婦ではなく、年の離れたお姉さんみたい

「Stiff Upper Lip」の手タップの前、エベレットのペンギンみたいな動きが可愛い~
座席位置によって見えたり見えなかったりするので、久々に見てにんまり

ボビーの階段落ち、格好がだんだん「セーフ!」じゃなくなってきてる~。
そのかわり(?)最後の一歩を普通に降りていたのが、だんだん元に戻りつつあります。
それもほんの少しずつ(笑)

東京公演が始まった時は、ただいるだけと思えたハリーとジミーが表情も豊かになって、デッドロックに馴染んできたように思います。
安東ハリーは最初はメイクも何人?という感じで表情がなかったのが、フレンドリーなお兄さんになったので、最近チラチラと観ています

ハプニング集

「俺にも一杯くれ」の所で、酒瓶は落ちずにカウンター上に残っているのに「ガシャーン」といい音が。

ミーティングの時、エベレットが開けた幕が一瞬カタッと落ちかけた。

デッドロックにフォーリーズがやってきたシーンで、トランクの山から下りて来たボビーザングラーが最後の1段でコケそうになった。
トランクが斜めになったのをビリーが押さえた。ビリーGJ!

アイリーンが投げたバッグが、舞台前方のテーブルに座っているミンゴの後ろに落ちた。
後でミンゴが拾ってた。

「バカ言っちゃいけねぇ、空砲なんだからさ」と銃を撃った時落ちてきた金属みたいなものが、ポリーの動線近くに落ちたので、入ってきたポリーがマジマジと見ていた。
ジュニアが拾ってピートに渡し、ピートがホテルの看板がついたカウンターに仕舞っていた。

楽屋のシーンで、ボビーが言った…「ズングラー」

どこのシーンとは言わないが、仕掛けをするために黒ボードが出てくるのは座席位置によっては見えてしまうのだが、なんと黒子が這い出て作業をしようとしてるのまで見えた
もっとも、黒子姿なのだから見えてしまうのも前提なのかな。

楽屋から劇場前への場面転換で、楽屋を下手袖に運んでいるスタッフさんの足が見事に見えた


「CFY」のほかにも下さん観たさに「LK」、早水さん観たさに「BB」にも行き、さらに他の劇団も1つ。
「やぁやぁ、観劇蜂は忙しそうだな」とでも言ってください

"4回分の感想とハプニング集 〈クレイジー・フォー・ユー〉" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント