ソンダン新作☆初日 〈ソング&ダンス The Spirit〉

10月10日、秋劇場にて「ソング&ダンス The Spirit」が開幕しました。

一幕
祖国(南十字星)
壁抜け男のソロ(壁抜け男)
生きているってすばらしい(ユタと不思議な仲間たち)
ノートルダムの鐘(ノートルダムの鐘)
天使が僕に(ノートルダムの鐘)
ナイス・ワーク・イフ・ユー・キャン・ゲット・イット(クレイジー・フォー・ユー)
スキャット
ブチギレそう(春のめざめ)
ママ(春のめざめ)
人生を踊り明かせ(ウィキッド)
虹の彼方へ(オズの魔法使い)
マンゴジェリーとランペルティーザ(キャッツ)
お洒落は私の切り札(アイーダ)
迷いつつ(アイーダ)
キャラヴァン
スウィングしなけりゃ意味ないね
シング・シング・シング
サークル・オブ・ライフ(ライオンキング)

二幕
さくらの花よ 泣きなさい
タイトル・口上(ジャックと豆の木)
煉獄のおいらたち ―暴走族―(夢から醒めた夢)
煉獄のおいらたち ―ヤクザ―(夢から醒めた夢)
夜桜お七
曙光
引き裂かれた心(異国の丘)
花の時・愛の時
香蘭と杉本の別れ(李香蘭)
アンパンマンのマーチ
おれたちゃペドロ一家(ユタと不思議な仲間たち)
ふり向くな君は美しい
明日は近づく(ジョン万次郎の夢)
我が家へ(オズの魔法使い)
心の瞳

カーテンコール
若き獅子たち
時の流れに身をまかせ
津軽海峡・冬景色
タイトル・口上[リプライズ](ジャックと豆の木)


一幕は、これぞ「ソンダン」という感じで、とっても楽しかったです
壁抜け男のソロ
デュティユルには拘りますよ、私(笑)
そっかぁ、阿久津くんだとこうなっちゃうんだ~、という感じ
でも、「壁抜け」の曲を聴くとテンション上がります

Nice Work If You Can Get It
(カタカナ表記だとピンと来ないので英語にしてみました)
曲調を変えていたので、最初は何の曲だっけ?と思ってしまいました
せっかく「CFY」メンバーがたくさんいるので、原曲に近いアレンジで観たかったな~。

ママ
先日、梨絵ちゃんのライブで聴いたばかりなので、楽しかったライブを思い出して、ますますテンションUP。

マンゴジェリーとランペルティーザ
萩原マンゴに加藤ランペ、ダンスがすごくきれい
途中でマジックが入っているのも、マンゴとランペらしくて可愛かったです

お洒落は私の切り札
通路沿いの8名の方が連れ去られました。
少しの間、舞台上に放置された状態のお客さんがちょっと可哀想でした。
その後が…そのお客さんたちに仮装大会のような衣装を着せて、レッドカーペットの上を歩かせ、最後にはその格好の写真を撮る
(写真は後でプレゼントされてました)
観ている分には笑えましたが、絶対に連れ去られたくないです

サークル・オブ・ライフ
弥生さんのサークル・オブ・ライフが聴けて感激でした
隣の春劇場と時間差でこの曲やってるんだよな~。


アンパンマンのマーチ
これも曲調をかなり変えてました。
大人な感じのアンパンマンマーチも良かったですが、震災後に皆さんが聴きたい歌のひとつだったそうなので、そのままやって欲しかったです。

おれたちゃペドロ一家
阿久津ペドロ、井上ダンジャ、飯田ゴンゾ、青山モンゼ、種井ヒノデロ、見応えありました
順番に歌ううちに“え?もしやヒノデロは種井さん”とワクワク。
障子が開いて現れたのはやっぱり種井ヒノデロで「一番太いの、よろしくね」ってキュートでした~


二幕は三木たかしさんの楽曲がほとんどでした。
四季のミュージカルとアンパンマンと「ふり向くな~」以外は初めて聴く曲ばかりで、見た目も華やかな一幕とは違い、ちょっとつまらなく感じてしまいました。
いい曲なんですけどね…
四季ミューの中から、三木さんの曲をもっと増やした方が良かったんじゃないかな。
歌謡曲・演歌が入ると、昔のショーみたいになっちゃうのが残念。
「ソンダン」なんだから、スタイリッシュな見せ方があってもいいんじゃないのかなぁ。

先日まで、ダンス(女性)があまりにあんまりだった東京「CFY」を観ていたこともあって、普段はよく解らないと思っているダンスもすごく楽しかったです。
これからは他の演目でもダンスも楽しめるようになるかも

"ソンダン新作☆初日 〈ソング&ダンス The Spirit〉" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント