何かが変わったか 〈美女と野獣〉

22日と23日続けて「美女と野獣」を観てきました。

12日に観劇した時から思っているのですが、福井ビーストってこんなに恐かったっけ?今回もまた思いました。
せっかく一幕が恐~い野獣なのだから、二幕の紳士的で優しい野獣ときっちりコントラストが出たらもっと良いな~

前回観劇した時より格段に良かったのが高木ベル。
訛っているわけではないのに言い回し(?)が変だなぁ…と思った所が前回は何カ所もあったのに、今回は殆どありませんでした。
動作や表情も生き生きしてきて、明るくてとっても可愛らしいベルになっていました
里咲ベルをお手本にしてるのかなと思える所もありました。
どこまで素晴らしいベルになるのか、すごく楽しみです

初見の中嶋ルフウ。
吉田(@異国の丘)は別として、同じディズニーミュージカルのティモン(@LK)のイメージが強かったので、ルフウはどうなの?と思っていましたが、発声に違和感がなかったことですんなり観ることができました。
ただ、頬骨の所をぷっくりさせるメイクのせいか、逆にすごく頬がコケて見えてしまうのがコワかったです
遊佐さんや赤間さんに比べると動きも少ないのがちょっと残念でした。

私のブログではお約束の(笑)石波モリース。
始めてコッグスを見た時の反応や、お茶を入れてもらう時の笑顔、牢屋の中での表情、(ガストンたちの野獣狩りの話に止めに入ろうとする)ベルを引き留める時の表情など、9か月前の出演時とは若干変わっていました。
高木ベルとのコンビがまだしっくり来ない所があるので、包み込んであげられるといいな。

22日から石野さんに変わって8枠に登場した塩山さん。
背が高いので、薄くて大きなドアマットでした。
キビキビした動きでペラペラと舞うドアマットというイメージです。

22日は「BB」初見の次女が一緒でした。
王子さまに戻った時の印象を「王子様じゃなくて王様じゃん。だけど格好いい!」(←好みらしい)と言っていました。
「CFY」でエベレットを「お父さん、可愛い」と気に入っていたので、モリースはどうだったか訊いてみると「やっぱり可愛いねジャムおじさんみたい」と言ってました。
う~ん、たしかに

"何かが変わったか 〈美女と野獣〉" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント