久しぶりの佐野ファントム 〈オペラ座の怪人〉

観劇から1週間以上経ってしまいましたが、3月9日は「オペラ座の怪人」を観てきました。

ほんとは、その前週まで超~久しぶりのラウルだった正幸さんを観たかったのだけれど、(超~がつかない)久しぶりの佐野ファントムもまた楽しみでした。
ファントムとしては、たった1週間のご出演だった時に観られてラッキーだったかもしれません

この日は最前センターでの観劇だったので、コンダクターの動きも楽しめました。
時々ヘッドホンをつけるのをチラチラを見ながら「あぁ、やっぱりここもか」なんて…見方間違ってます?(笑)
でも、すでにどこだったか忘れました

佐野ファントム
最初は、高井ファントム&佐野ラウルで観たかった~という気持ちが強くて、ちょっと佐野ファントムに気持ちが行かなかったのだけれど、正幸さんの演技にすっかりやられてしまいました。
仮面に隠れてほとんど表情は見えないのに、ファントムの心情がすごく伝わってくるんですよね。
ラウルからファントムへの切り替えもどうやったのかしら?

笠松クリスティーヌ
はるちゃん、すっごく痩せた!(まずそこにビックリ)
痩せた分、ちょっぴり大人なクリスの雰囲気になったかも。
相変わらず、歌は安定していて良かったです。
きっと演技も良くなっているのだと思うけど、あまり感じるものがないクリスなんだよなぁ。

岸ラウル
一度だけ行った大阪公演で観て以来の岸ラウル。
以前より少しはキリッと子爵らしくなったかなという印象でした。
遠い記憶の佐野ラウルにちょっとだけ似たかも?(一所懸命、勉強してたんだろうな)
ただ、やっぱりラウルとしては、もっと頑張ってほしいと思いました。

中里メグ
一言で言うと、アイドル歌手がミュージカルの舞台に立ってるような感じでした。
一人だけ融け込んでない感じがするのと、歌も演技も微妙…
見た目がクリスより主役っぽくて、ご本人のせいじゃないけど、それもマイナスかなぁ。

横山マダム
この前拝見した時は何だか違和感がありましたが、今回はあまり感じませんでした。
歌も安定してきたように思います。
どんな俳優さんなのか、まだよくわからないので、他の演目でも拝見してみたいなぁ。

林レイエ
キャストが頭に入っていなくて、最初観た時、誰?と思っちゃいました
林さんのレイエ、初見だったんです。
お人柄が出ているのか、えらく真面目でまっすぐなレイエでした。
いや、レイエは真面目な人だと思うんですが、立岡さんや深見さんや喜納さんといった個性あるレイエを観ていた回数が多いからでしょうか。

斎藤ルフェーブル
こちらも、レイエでは6回ほど拝見しましたが、ルフェーブルは初見でした。
ルフェーブル自体もあまり印象に残らなかったのですが、オークショナーは物足りなかったです。
参加者に呼びかけてるのではなく、一人でただ喋っている感じがしたし、幕開けの掴みとしては流れてしまっている感じがしました。


翌日は「BB」観劇だったのですが、佐野ファントムが良かったので、ビーストも正幸さんならいいのにな、などと無茶なことを考えながら帰宅しました

"久しぶりの佐野ファントム 〈オペラ座の怪人〉" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント