恆存さん生誕100年の今年 〈解ってたまるか!〉

昨年、そろそろ「解たま」が観たいと思っていた時に、福田恆存さん生誕100年記念公演を拝見し、生誕100年の今年は「解たま」を拝見しました。
自由劇場でストレートを観ると、何か落ち着く~

「解たま」観劇は今回で6回目。
それ以外にDVDでも観ているので、作品としてより、キャストごとの感想を。
人数が多いのでひとことずつです。

加藤村木
敬二さんの村木はルパン三世のような村木だったのだけど、今回は芝居が変わり、ルパンじゃなくなってしまいました。
何だか普通になってしまって、単にライフル魔という印象になってしまったのが残念
何か目指したものがあるのだと思うけど、読み取れなかったなぁ。

山口瀬戸内
嘉三さんの瀬戸内、実は、ズボン丈が短いのが気になって仕方がない…というのが楽しみだったのだけど、な~んだ、ちゃんと直ってる…
と思って気づきました。
前回観た時も同じことを思ったのでした
それほど、最初に観た時のズボン丈が印象に残ってしまったようです(笑)

川原武田
なんか洋さんらしくないというか、大人しかったなぁ。

岡田春野
相変わらずの岡田節、ぽわ~んとしますね。

牧野熊谷
こちらも大人し目。
「ボクが?」って、前はもっと落差があった気がするんだけど。

高橋力石
デカイ。(1週間経ったらそれしか印象に残ってませんでした

西尾平澤/内田
平澤はなかなか良かったのに、内田は部屋に残ることをすんなり「はい」と受け入れてしまって「?」でした。

藤川絹川
藤川さん以外の絹川を観たことがないので、すっかりイメージが定着してしまいましたが、別の絹川も観てみたい気もします。

川島和田
本編は特に印象がなかったのですが、カテコで帽子を落としてしまい、苦笑いした顔が可愛かったです。
お客さんが舞台に置いた帽子を気まずそうにテレながら取りに出てきたのも初々しかったです。

志村明石
あー、出た出た、何の役をやっても同じ演技

鈴木倉持
周さんの格さん、なんかいいな~といつも思います。
今回は珍しく(?)喋りながら鯛焼きが口から飛ばなかった(笑)

田島反野
田島さんは相変わらず、座った時だけズボン丈が気になる~(笑)
反野って、特に印象のないフツーの人の役柄なのかしら?

川地後藤
細っ!!
もともと細いけど、こんなに細かった?と思うくらいでした。
衣装もそうだし、細すぎるのかカメラマン役が似合わなかった~。

星野山中/鈴木
弁護士役は悪くないけど、いまひとつ弁護士っぽくなかったな。
支配人の方は品が感じられなくて残念でした。

田代大濱
以前はうんうん頷くのが上手く染みついていなかったけど、今回は良かった~。
カメラマン役がバードウォッチングかハイキングの人みたいだった(笑)

岡崎久田川
久田川より反野の方が合うような???

中村奥澤
ライフル持ってる時の演出変わった?
それがなければ印象に残らなかったかも。

川口甘粕
調子のいい、ちょこまかした川口くんのオーアマ健在で良かった~。
こちらも、「スープは~」のところ、少し変わったかな。

畠山栗林/シューベルト
公式でキャストを見た時、ボヤキに畠山くんの名前があったので、え?シューベルトは?と思ったけど、スクロールしたら畠山シューベルトも健在で大喜び♪
ボヤキは福山さんの気持ち悪~い(←誉めてます)笑いが観たかったけど、畠山くんのボヤキもシューベルトとは別人でなかなか良かったです。

神保関山
もはやカレススキは神保さんでなくちゃ。。

萩原結城
ダンスの人だからという先入観持っててすみませんでした。
ありゃりゃと思う所もあったけど、なかなか良かったです。

中野政子
キョンさん、久しぶりに観ました~。
キョンさんの持ち役の中で政子役は好きだなぁ。

田野光枝
おきれいな方で、キョンさんとは美人姉妹ですね。
クッションを外される所のリアクションとか良かったです。

本行静
田舎の人っぽかったです。
気が狂う所や歌が印象に残らない静ってのも、ちょっとなぁ。


すでに記憶が曖昧になってしまいましたが、本部長&副本部長が頭を下げる時に、誰かが頭を机にゴツンとぶつけました。
演出?じゃないよね?

"恆存さん生誕100年の今年 〈解ってたまるか!〉" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント