「大」がついた割には… 〈ガンバの大冒険〉

7日ソワレ「ガンバの大冒険」を観てきました。

原作は買ったものの、観劇までに読み終わりそうになかったので、開けていないまま
ちょっと前にDVDで観たアニメ版「ガンバの冒険」が予習になってしまいました。

腰から下げたしっぽと、鼠色の衣装(足のみ)がネズミかな~?という程度で、あまりネズミらしくはないですね。
舞台だから、それもあり…ですね。
ただ、台詞に“ネズミ”という言葉がなければ、かなり判りづらい感じがしました。
最初にネズミらしい場面でもあればよいのだけど。

ガンバの歌から始まり、マンプクが登場して台詞を並べるのですが、ここですでに飽きてしまいました
ガンバの掴みが弱かったのと、マンプクは笑顔がとっても良いのだけど、あの長い場面を集中して観られるだけ台詞に惹き付けるものがなかったかな。

その後は打って変わって、凄い速さで場面が変わりました。
それも、ブツッブツッと切られてしまって、繋がりがなく…
長い物語のほんの一片を断片的に挟み込んでる状態でした。
一幕45分、二幕1時間程度だったと思いますが、一幕はガンバが冒険に出ることを決める所から始まって、二幕はいきなりアニメ版(全26話)の最終話になるんですよ!

そんな飛ばし読み状態なのに、ノロイとの対決の後に、潮路の死を描いたと思ったら、ガンバはいきなり立ち直ってるし…
構成にはかなり不満のある舞台でした


加藤ガンバ
もっとガンバの元気さを出してほしいなぁ。

岡田オイボレ
最初の「名前は忘れた」っていう一言から笑いました。
こういう惚けた役は岡田さんはピッタリですよね~

星野ガクシャ
「解たま」で拝見した時はイマイチな感じでしたが、キャスト発表を見た時、いいかも!と思いました。
前半は、やっぱり良かったかもと思ったのですが、後半はガクシャらしさが足りない気がしました。

藤原ボンヤリ
かわいい!!
ほわわ~んとしたキャラがとっても似合ってました。

滝沢イカサマ
アニメ版とは全く違うカッコイイタイプのイカサマでした。
ただ、ちょっと性格的に強すぎてガンバを喰ってしまってるような。

神永シジン
動きがアニメ版のシジンそのままでした!
たまに素になってるところがあったけど。。

金本ノロイ
恐いノロイじゃなくて、デーモン閣下みたいでした
カテコの時は、めちゃめちゃ笑顔を振りまいてました。


長い原作をまとめてしまったから仕方ない点はあると思うけれど、“大冒険”どころか“冒険”という感じもしませんでした。
最近、タイトルを変えてる演目がいくつかあるけど、なんかパッとしませんねぇ。

"「大」がついた割には… 〈ガンバの大冒険〉" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント