Tryoutから本公演へ 〈La vie en Rose〉

3日連続観劇の2日目は響人「La vie en Rose」

事前に情報を入れたくなくて、響人や関係者のブログもほとんど見ないまま今日に至っています。
「そんなことは○○のブログに書いてあったじゃん!」と言わないで下さいね~。

前回のTryout公演を12月22日に拝見したので、ちょうど4か月ぶり(4月21日)に本公演になったこの作品を観ました。
演出が大豪→光夫へと替わったので、当然、別物になるだろうな~と思ってはいましたが、脚本もかなり変わっていてビックリ!
キャストも入れ替わり、シャッフルされて、新鮮な気持ちで観劇しました。

今回、一番印象に残ったのは、栗さん。
四季では拝見したことのない役柄だったので「こういう芝居するんだ~」と思って見ちゃいました
実在する人物がそこにいるかのようでした!

初めて歌を聴かせていただいた佳美さん
美沙さん全く違ったピアフで、ステキな歌声でした~
波乱な(?)人生を送ってきた印象は薄かったですが、今回の演出に合ってるかも。
拝見できなかったWキャストの和音さんはどんな感じだったのかしら?

いつも一番注目しちゃう広瀬さん、今回は元夫役でした。
今回の役(演出?)の方が好きだな~。
そして、やっぱり上手いな~、と頷いてしまいました

この公演、カテコは無し
今までにも、カテコは無い方がいいんじゃ?と思った作品はありましたが、実際に無いのは初めてだったかな。
少し淋しい気もしたけど、作品の世界の余韻を残したまま家路につけたのが心地よかったです。

"Tryoutから本公演へ 〈La vie en Rose〉" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント