五反田&横浜☆総決算 〈キャッツ〉

特にキャッツフリークではない私も、東京近郊から離れるとなると、その前にもう一度観ておきたいという気になり、11月9日、横浜「キャッツ」に行ってきました。

五反田の時はほんの一時期通ってたこともあり、26回観劇しましたが、横浜はこの日で3回目。
8年間で合計29回の観劇でした。

マイ楽(3回でマイ楽ってのも笑える)のこの日、五反田の頃から見慣れたキャストや初見のキャスト、それぞれのお名前を見ながら若干“センチメンタルジャ~ニ~♪”な気分になりました。
29回の中で一番たくさん拝見した鈴木ジェニ(16回)、高倉タント(13回)、早水グリザ(12回)がいらしたのも、8年間のラストに相応しい配役でした。
あ、何気に、チャンミンスキンブルも9回観てた…
と、キャストシートをめくっていたら、え?百々スキンブル
百々マンゴは大好きだったけど、百々さんのスキンブルなんて観てたんだ~!
うわぁ!懐かしいお名前もいっぱい!

たしかデビューしてすぐ拝見した飯田ガス、久しぶりに拝見しましたが、上手くなってました~
回転の時、位置がズレまくっている松島ミストを観ながら、(6~7年前)娘が松島くんのことを「おっきいミスト」、蔡くんのことを「ちっちゃいミスト」と呼んでて、ちっちゃいミストファンだったな~、なんて思い出していました。

横浜は、私にとってはまさに“年に一度のお祭り”状態でしたが、拍手のしどころは身体が覚えているもので、千秋楽に近いこの日は、客席の拍手もかなり揃っていましたが、自分も外すことなく手拍子を打っていました。
そして、かなり楽しんでました~

数回のカテコの後、すぐに追い出しアナウンスが流れましたが、それをかき消すように大きな拍手が続き、その後3回のカテコがありました。
ラストは久々に(←私が観たのは)タガー〆

今度、東京(近郊)に戻ってくるのは何年後でしょうか?
その時、キャッツが、四季が、自分が、社会がどうなっているのか、楽しみに待つことにしましょう。

"五反田&横浜☆総決算 〈キャッツ〉" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント