舞台美術セミナーレポート 〈間奏曲〉

「間奏曲」も3回目の観劇。 今回は1階後方席で、この3回、まったく違う座席位置での観劇となりました。 音は一番きれいに響いているように思います。 イマイチと思っていたフーガも、この席ではよく響いていました。 2階席が屋根になって、音が集められているのかなぁ? 作品全体も、流れるように進んでいって、3回のうちで一番良かったで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ところでぇ~ 〈間奏曲〉

変なタイトルですみません。 27日、2回目の「間奏曲」を観てきました。 で、思ったのが「え~、ところでぇ~、「間奏曲」ってどういう意味?」だったのです。 最後の方で薬屋さんが言う「この間奏曲は終わりです」 これが“intermezzo”とはどういうこと? つまり、この作品のタイトル“間奏曲”って?? そう思っているようで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久々の初日観劇 〈間奏曲〉

4月22日、「間奏曲」初日に出かけました。 ひとつの作品を何公演か観劇する中で、1回は初日や千秋楽を選んで観劇していた時期もありましたが、今回は久しぶりの初日観劇です。 追加発売されたA席(2階)での観劇でした。 100回以上訪れている自由劇場で、2階席はおそらく3回目。 「この劇場の2階席って、こんな感じ(見え方、響き方)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tryoutから本公演へ 〈La vie en Rose〉

3日連続観劇の2日目は響人「La vie en Rose」 事前に情報を入れたくなくて、響人や関係者のブログもほとんど見ないまま今日に至っています。 「そんなことは○○のブログに書いてあったじゃん!」と言わないで下さいね~。 前回のTryout公演を12月22日に拝見したので、ちょうど4か月ぶり(4月21日)に本公演になっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「大」がついた割には… 〈ガンバの大冒険〉

7日ソワレ「ガンバの大冒険」を観てきました。 原作は買ったものの、観劇までに読み終わりそうになかったので、開けていないまま ちょっと前にDVDで観たアニメ版「ガンバの冒険」が予習になってしまいました。 腰から下げたしっぽと、鼠色の衣装(足のみ)がネズミかな~?という程度で、あまりネズミらしくはないで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

舞台ってどんなだろう? 〈戦火の馬〉

遅ればせながら、映画「戦火の馬」を観てきました。 この作品、WEでストレートプレイの舞台として評価されているということで、興味を持ちました。 スピルバーグ監督、ドリームワークスということで、VFXを多用してるのでは?という一種の不安もあったのだけれど、 たくさんの馬の屍が転がっているところ以外は違和感がありませんでした。 見…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

恆存さん生誕100年の今年 〈解ってたまるか!〉

昨年、そろそろ「解たま」が観たいと思っていた時に、福田恆存さん生誕100年記念公演を拝見し、生誕100年の今年は「解たま」を拝見しました。 自由劇場でストレートを観ると、何か落ち着く~ 「解たま」観劇は今回で6回目。 それ以外にDVDでも観ているので、作品としてより、キャストごとの感想を。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

久しぶりの佐野ファントム 〈オペラ座の怪人〉

観劇から1週間以上経ってしまいましたが、3月9日は「オペラ座の怪人」を観てきました。 ほんとは、その前週まで超~久しぶりのラウルだった正幸さんを観たかったのだけれど、(超~がつかない)久しぶりの佐野ファントムもまた楽しみでした。 ファントムとしては、たった1週間のご出演だった時に観られてラッキーだったかもしれません{%うれしいw…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

光枝さんの舞台 〈モリー先生との火曜日〉〈Mキャリアコンサート〉

おみつ(光枝明彦)さんの舞台を続けて拝見しました。 2月18日「モリー先生との火曜日」、3月3日「ミュージカルキャリアコンサート」の2つです。 「モリー先生との火曜日」 「モリー先生」は昨年も一昨年も、どうしても日程が合わず観に行けなかったのですが、今年はようやく拝見することができました{%キラキラwe…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ギャップ 〈美女と野獣〉

3月2日「美女と野獣」を観てきました。 デビュー直後に拝見した中井ビーストがどうなっているのか、初見の布施ルフウ、そして1か月半ぶりの石波モリース、久しぶり(半年ぶり?)に拝見する鳥原ベル、と見所満載の観劇でした。 …が、あちこちにギャップを感じた観劇でもありました。 中井ビースト 特に“恐さ”の部分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4年半ぶりのモンマルトル 〈壁抜け男〉

1月は1回しかブログをUPしませんでしたが、「BB」3回と「ロバ耳」を観ました。 デビューしたばかりの中井ビーストも拝見したというのに、感想をUPするのをすっかりサボっていました 2月になったので心機一転(?)また書き始めようと思います。 今日は「壁抜け男」を観てきました。 前回の東京公演では2か月半弱の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

2012年観劇始め 〈ライオンキング〉

あけましておめでとうございます。 本年が良い年でありますように! さて、2012年の観劇初めは「ライオンキング」でした。 かなり観た~いキャストに引き寄せられ、この日なら大丈夫だろうと3日に春劇場に行ってきました。 5日にはキャストが変わってましたから、このチョイスは大正解でした 好…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

響人トライアウト公演 〈La vie en Rose〉

響人トライアウト公演初日の12月22日、「La vie en Rose エディット・ピアフと8人の男の話」を観てきました。 手作り感いっぱいのパンフが、とてもいい感じだったので写真をUPしてみました。 いただいたドリンク券で交換した珈琲を手に客席に入ってみると、案内をしているのは何と出演者! 同じ劇団の出演のない俳優さ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

笑ってきました~!〈アラカン〉

テアトル・エコー「アラカン」@エコー劇場に行ってきました。 テアトル・エコーの舞台を観るのは7年ぶり! 前回は俳優座劇場での観劇だったので、今回が初エコー劇場です。 この劇場、ちゃんとチケットブースまであるんですね~! テアトル・エコー付近のお店MAP(上演カレンダー付き)も配られるのだけれど、さすが恵比寿、スポンサーはカル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福田恆存生誕百年記念公演 〈一族再会〉〈堅塁奪取〉

数ヶ月前から、何となく「また解たまが観たいな~」と思っていたら、このチラシが目に入り、恆存さんの他の作品も観てみたいなぁと、行ってきました。 生誕百年記念公演は、「一族再会」と「堅塁奪取」の2演目。 「一族再会」は初演が昭和35年、「堅塁奪取」は初演が昭和25年(ともに文学座アトリエ)だそうなので、舞台の時代背景もそうだけれど、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

響人第5回公演 〈夜の来訪者〉

7日、響人「夜の来訪者」@上野ストアハウスを観てきました。 観劇の時に予習はしない派なのですが、今回は久しぶりの響人公演だったので、どんなお話が早く知りたくて文庫本を読んでいました。 カタカナ名が苦手な私は、名前を覚えるのに時間がかかるので、勝手に出演者と登場人物を見比べて配役して俳優さんの姿や口調を思い浮かべながら原作を読むと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何かが変わったか 〈美女と野獣〉

22日と23日続けて「美女と野獣」を観てきました。 12日に観劇した時から思っているのですが、福井ビーストってこんなに恐かったっけ?今回もまた思いました。 せっかく一幕が恐~い野獣なのだから、二幕の紳士的で優しい野獣ときっちりコントラストが出たらもっと良いな~ 前回観劇した時より格段に良かっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

さあ、また試そう! 〈美女と野獣〉

10月12日、9か月ぶりの石波モリースを観に「美女と野獣」に行ってきました。 ブログはUPしませんでしたが、早水さんのミセス・ポット観たさに突発したり、バクステ目当てだったりと、この所ちょこちょこ夏劇場に足を運んでいました。 先に、その時の感想を少し。 一度観てみたかった(2回観ましたが)早水ポット。 いや~!早水さんの「B…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ソンダン新作☆初日 〈ソング&ダンス The Spirit〉

10月10日、秋劇場にて「ソング&ダンス The Spirit」が開幕しました。 一幕 祖国(南十字星) 壁抜け男のソロ(壁抜け男) 生きているってすばらしい(ユタと不思議な仲間たち) ノートルダムの鐘(ノートルダムの鐘) 天使が僕に(ノートルダムの鐘) ナイス・ワーク・イフ・ユー・キャン・ゲッ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more