テーマ:ストレートプレイ

知寿さん初時代劇 〈SAZEN〉

終演後、友達に「ブログ書く?」と聞かれ「何書いていいかわからない」 そう答えた作品「SAZEN」@博品館劇場について少し書いて見ようと思います。 保坂知寿さんが出演しているというだけでチケットを取ったこの作品。 「SAZEN」というタイトルの通り、丹下左膳の話なんだろうな~という他には全く知識無し… キャストも知寿さん以外、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

頑張れ!若者たち 〈トキワ荘の夏〉

日本劇団協議会・次世代を担う演劇人育成公演「トキワ荘の夏」を、少々のご縁があって観てきました。 制作は劇団俳小。 名前の通りの公演なので、特に書くつもりはなかったのですが、面白かったので書くことにしました。 トキワ荘…手塚治虫さんや石森(石ノ森)章太郎さんや藤子不二雄さんなどらいらしたあのトキワ荘です。 作・演出の竹内一…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

プレステイベント最終日 〈ハムレット〉

3回行われたプレステージイベント最終回の7月9日、今回公演2回目の「ハムレット」に行ってきました。 今回のプレステイベントのテーマは「ハムレットの歴史」 MCは青羽剛さんと石毛翔弥くん。 1回目のイベントで登場したシェイクスピアさんもいて、この人が相変わらず可笑しい ハムレットが世界で最初に上演さ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

面白い要素はたくさんあるんだけど 〈スタア〉

劇団昴「スタア」@俳優座劇場を観てきました。 席に着いて場内を見回すと、ひゃ~半分とは言わないまでも、客席の1/3はオジサマ!! 今日はご招待が多かったのかしら? それにしても多い~! 筒井康隆さんの作品ということで、SFな部分があるんだろうな~と想像はついたけど、ブラックコメディだと聞き、S…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

プレステージイベントもありました 〈ハムレット〉

日下さんの墓掘りが観た~い!と「ハムレット」日程表とにらめっこ。 どうせならプレステージイベントもある日にと、16日を選びました。 自由劇場でのイベントはかなり参加したつもりですが、今回のプレステ、参加者は20名強という今までで一番コンパクトなイベントでした。 前半は、岩城雄太さんと岡本繁治さんのMCでシェークスピアの人生につ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

山田太一さん書き下ろし 〈沈黙亭のあかり〉

劇団俳優座「沈黙亭のあかり」@紀伊國屋ホールを観てきました。 昨年、劇団昴の「河の向こうで人が呼ぶ」を観劇した際、ポストショートークに出演された山田太一さんが「今、新しい作品を書いてます」と仰っていたのが、この作品。 いや~、面白かったぁ!! 笑って、ちょっと考えさせられて、また笑って。 よくありそうな重た目の話かと思えば、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夢の街から響人へ  〈オーファンズ〉

響人「オーファンズ ~孤児たち~」を観てきました。 広瀬さんの出演する「オーファンズ」を観劇するのは、夢の街公演以来2回目。 演出も広瀬さん以外のキャスト2人も違う今回の公演、どんな作品に仕上がっているのか楽しみでした。 普段でも最前列好きな私ですが、この作品は夢の街公演で観た経験から、前の方で役者さんたちの息づかいを感じ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今年も日下ダイサートに会えた(^^) 〈エクウス(馬)〉

“日下武史”の名前を見るだけで、どうしても観に行きたくなっちゃうんです。 不時子さんもいるし、大ちゃんのアランも気になる~! というわけで、久しぶりに自由劇場へ行ってきました。 大ちゃんのアランは、クセがなくてストレートなアランでした。 普段、可愛いと思っている大ちゃんですが、子供の頃の演技は意外と…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

壁抜けちゃえばいいのに(笑) 〈THE 39 STEPS〉

お尻に火が付きそうですが、今日もちょっとだけ感想を。 仕事のスケジュールもわからないうちにポチッとした「THE 39 STEPS」を観てきました。 客席に入って舞台を観ると、「オペラ座の怪人」の5番ボックスと6番ボックスのようなセットが。 開演から間もなく、マルさんは5番ボックスに立ちました。 「あなた、ラウルなのね」(笑)…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今年の初観劇 〈十二人の怒れる男たち〉

十二人の怒れる男たち@俳優座劇場を観てきました。 映画より舞台で観てみたかった作品のひとつです。 出演…大滝 寛、荘司 肇、三木敏彦、立花一男、井上倫宏、岡田吉弘、高橋克明、松橋 登、小山内一雄、外山誠二、里村孝雄、松島正芳、高塚慎太郎、小林優太 冒頭、陪審員たちが入ってきて違和感を感じました。 男性ばかり12人って…題…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

最近観たお芝居 〈お月さまのジャン〉

あけましておめでとうございます。 …と言うには、年が明けてずいぶんと時間が経ってしまいました このところのあまりの忙しさに、予定していた観劇も2つ見送ってしまいました 昨年末、最後に観たのは響人「お月さまのジャン」 この時も忙しくて、観劇のために時間を割けば自分の首を絞める{…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ポストショートークに山田太一さん 〈河のむこうで人が呼ぶ〉

7日、劇団昴「河の向こうで人が呼ぶ」@あうるすぽっとを観てきました。 作…山田太一 出演…田中正彦 磯辺万沙子 上領幸子 鎌田翔平 一柳みる 山口嘉三 西本裕行 公演タイトルとチラシの雰囲気から、重たい(暗い)作品なのかなと思ってましたが、「面白かった~!」と思えるコメディホームドラマでした。 お話を超~簡単に書くと、「…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

落語の世界に広がった別役ワールド 〈らくだ〉

別役実の書き下ろしだというではありませんか~! しかも題材は古典落語の大ネタ「らくだ」ですよ~。 別役ワールドと落語ネタがどう融合するんだろ? おまけに観てみたいと思っていた劇団民藝の公演ということで、これは観るっきゃないでしょとばかりに紀伊國屋サザンシアターまで行ってきました{%チョ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

一生こいつを踊り続けるつもりだよ 〈鹿鳴館〉

日下さんに引き寄せられて、やっぱり観ちゃいました。 だって「鹿鳴館」東京公演は2006年からすでに4回目ですよ。 さすがにお腹いっぱい感がありますよねぇ。 私の観劇は5回目、今まで拝見したキャストをまとめてみました。 ()内は観劇回数、青字は今回のキャストです。 影山悠敏伯爵…日下武史(5)・同夫人 朝子…野村玲子(5…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

劇団昴+演劇企画JOKO合同勉強会 〈ヴェニスの商人〉

シェイクスピアの中でも有名な「ヴェニスの商人」ですが、実は私は良く知らなかったんです。 初めて某劇場で観た公演は、シャイロック役の俳優さんは上手かったものの、作品的にはでした。 ガッツリ観れる「ヴェニスの商人」が観たくて仕方なかったところ、劇団四季版のDVDが発売にな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

松宮五郎さんを偲んで 〈オンディーヌ〉

7月7日がご命日の松宮五郎さんを偲んで、ご出演の舞台録画を鑑賞しました。 松宮さんの60年に及ぶ舞台生活の中で、私が実際に拝見できたのは最後の数年でした。 最後に出演された「李香蘭」でも、山口役の素敵な笑顔が目に焼き付いています。 松宮さんの出演された舞台の録画は何本か持っているので、どれを観ようか迷いましたが、松宮さんを…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

響人 旗揚げ公演 〈哀しみと息子たち〉

Artist Company 響人 旗揚げ公演「哀しみと息子たち」@楽園を観てきました! 旗揚げなので初日を…とも考えたのですが、同行する娘の都合と、熟成されて一番良い感じになってるのではないか?との推測に基づき、千秋楽のチケットを取りました。 観る前に、それぞれの俳優さん(元四季の方)、拝見するのはいつ以来だろうと思って、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

こんな描き方もあるのね~ 〈隣で浮気?〉

6月21日、劇団昴「隣で浮気?」@本多劇場へ行ってきました。 昨年「ジュリアス・シーザー」を観て、ニックさんの演出面白いなと思い、別の演目でも是非観てみたいと思ったからです。 今回はAキャスト、Bキャストがマチソワで交代または日替わりというもの。 どちらを観るか?割と簡単に決まりました。 「解ってたまるか!」で初めて拝見した…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

心に灯がともる作品 〈クリスマス・キャロル〉

クリスマスまであと1週間、劇団昴の「クリスマス・キャロル」を観てきました。 原作は1843年に出版されたディケンズの同名小説。 これまでに何度も映画化され、何種類ものDVDが発売されています。 名作であると同時に、内容もわかりやすいので、通常映画・ミュージカル映画・アニメ・マペットと表現方法も多岐に渡っ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

観ておけば良かった 〈スルース【探偵】〉

映画「スルース【探偵】」のDVDを観ました。 「スルース」は1970年に舞台版が初演され、1972年に映画「探偵スルース」が封切られました。 今回のDVDは、2007年(日本では2008年)に公開されたリメイク版映画「スルース【探偵】」です。 劇団四季でも1973年に初演され、2004…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

訃報と終末医療 〈スペース・ターミナル・ケア〉

7日朝、緒形拳さんの訃報を聞き、思わずTVの「え~っ」と声をあげてしまいました。 つい最近までご活躍だったので、本当にびっくりしました。 緒方さんと同じように亡くなる前日まで舞台に立たれていた立岡晃さんのことを考えたり、4年間闘病して最後の半月はほとんど意識もなかった母のことを考えたり・・・ そんな中、チケットを押さえてあった…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

千秋楽に思う 〈トロイ戦争は起こらないだろう〉

前夜降りしきっていた雨も上がり、青空と涼しい風の中、 「トロイ戦争は起こらないだろう」千秋楽の自由劇場へ向かいました。 少し先から聞き覚えのあるホイッスルの音が聞こえてきたので、 思わず横を見ると、建物の間から高脚ピエロ(野中さん)が見えました。 さすがに遠くから見ても目立ちますね~ そ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

舞台セミナー 〈トロイ戦争は起こらないだろう〉

2日に開幕したばかりの「トロイ戦争は起こらないだろう」 4日夜公演の後には、舞台セミナーがありました。 題名くらいは知っていたものの、内容は知らなかったこの作品、 23年ぶりの上演ということと、舞台装置が故・金森馨さんの代表作ということで、 どんな作品だろうと楽しみにしていました。 実際に舞台を観てみると・・・ いや…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

あっという間に千秋楽 〈思い出を売る男〉

先行で2公演分のチケットを購入していた「思い出を売る男」 キャンペーンのアクセサリーBOXもかなり気になったけど、チケットをもう1枚増やす決定打の無いまま千秋楽。 キャストが変わったらもう1枚増えてたかも。あれ~?たしか「組み合わせの妙」を楽しめるんじゃなかったけ? 結局、前回の観劇時と変わっていたのは、 花売娘  …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

おまえもか、ブルータス

今日の観劇は、劇団昴「ジュリアス・シーザー」@あうるすぽっと。 昴の公演は昨年の「うつろわぬ愛」に続き、2度目の観劇です。本当は昨年の「アルジャーノンに花束を」@本多劇場もすご~く行きたかったのだけど、家族の介護のため断念しました 初見の今日は千秋楽。公演期間がもう少し長ければなぁ。 昴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おバカな私にも「思い出」を売ってください~

先日までアンに会うために通っていた自由劇場に、今日は「思い出を売る男」を観に行ってきました。 「思い出」は初見です。 座席表が変形になっていたので、どういう舞台構造なのかと思っていましたが、舞台の一部がスロープ状に伸びて客席通路に繋がっているのですね~。開演前に舞台を眺めていたら、色がグレーなので、スロープがちょうど象の鼻のよう…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

こちらもニール・サイモンなのだ~

サンシャイン・ボーイズ@PARCO劇場へ行ってきました。 観たことないはずなのに、何故だかお名前とBWの有名な喜劇作家であることだけは知っていたニール・サイモン。機会があれば観てみたいと思っていたところ、今日の「サンシャイン・ボーイズ」も、来月の知寿さん出演のミュージカル「デュエット」も彼の作品。実は少し前に上演された「おかし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more