テーマ:劇団四季

君がいると何もかもが眩しく見える 〈クレイジー・フォー・ユー〉

初日に続き、21日「クレイジー・フォー・ユー」さいたま(大宮)公演に行ってきました。 会場のソニックシティ大宮は、先日のグリーンホール相模大野よりさらに大きなホールでしたが、スピーカーから聞こえる音はしっかりしていました。 少し気になったのは照明。 スポットが数秒顔から外れてるいたり、何やら妙に明るい光がチカチカとしている時が…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

夢にまで見た今日は初日だ♪ 〈クレイジー・フォー・ユー〉

2月19日、グリーンホール相模大野で「クレイジー・フォー・ユー」全国公演が開幕しました オーバーチュアが始まって、会場の大きさに比してスピーカーが非力なことに苦笑してしまいましたが、幕が開くと残響の凄さに、これは自分の脳内で残響カットするしかないと思ってしまいました…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

石波モリースの2か月 〈美女と野獣〉

1月16日は石波モリースがひとまず「美女と野獣」から抜けるラストの日でした。 11月12日のデビューから2か月ちょっと。 その間に11回観劇、デビューの日と(ひとまずの)ラストの日の両方を拝見することができたのですから、本当に幸せです まずは石波モリースの2か月を振り返ってみたいと思います。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

佐野ビースト☆夏劇場初登場 〈美女と野獣〉

今週からビーストとベルが替わったので、前回の観劇から4日しか経っていないのに、早速行ってきました「美女と野獣」 プロローグの後、坂本ベルが歌い始めると、一気に舞台が“元気”いっぱいに変わりました ベルだけでなく、町の人たちもイキイキとしているではありませんか。 それに、まとまりもあるように見えました。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

初見♪道口ルミエール 〈美女と野獣〉

今日のお目当て一番は初見の道口ルミエール。 ということで、またまた「美女と野獣」を観てきました。 私が勝手に想像していた道口ルミエールは、緩急自在で、時にウィットを効かせ、凛としたところもあり、色気(エロ気?)のあるルミだったわけですが、う~ん、だいぶ違う印象でした。 …って勝手に想像してるのが悪い~!って言われそうですね{%…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2011年☆初観劇 〈美女と野獣〉

今年の初観劇は1月4日の「美女と野獣」でした! (やっぱり!って声が聞こえてきそうですね) 年末年始の気ぜわしさも手伝ったのかもしれませんが、12月は週1(+おまけ)で通っていたので、12月25日の観劇納めからの10日間がえら~く長く感じました。 そして、年末年始を劇場で過ごされたスタッフ・キャストの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

何かが変わったの 〈美女と野獣〉

23日と25日ソワレ、2回分の「美女と野獣」感想です。 ビーストは久しぶりの飯田くん。 前回拝見した時は“なかなかいい”という感想を書いたのですが、今回もなかなかいいながら、それ以上に福井さんが凄~~~く良くなっていたので、飯田ビーストを観て「あれ~?」と思う所が何カ所かありました… 表現の仕方だったり、メリハリの付け方だった…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

いつでもそう私は~♪ 〈美女と野獣〉

「お前を見つめ続けてる~♪」というわけで(お前などと言っては失礼ですが、歌詞通りなだけですから)今週も「美女と野獣」を観てきました。 石波モリースになって1か月、5回目の観劇です。 今週からはミセス・ポットが織笠さんにチェンジしました。 織笠ポットは京都で一度拝見してるのですが、申し訳ないことに全…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ごらんこの娘は変わってる♪ 〈美女と野獣〉

石波モリース仕上がりの軌跡を追うために、週1ペースで「美女と野獣」を観劇しています。 ブログはUPしませんでしたが、先週も観劇して、表情も豊かでイキイキとしたモリースになったことを確認してきました。 今週は、京都公演以来久しぶりに拝見する鳥原ベルも登場だったので、父娘中心の観劇となりました。 9日は、夏劇場で初のC席からの観劇…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

赤の感謝祭 & 千穐楽 〈スルース〉

「スルース」の感想を書くのって、難しいですよね 作品はとにかく面白いんですが、ネタバレしないようにと思うと、ね。 というわけで、前楽+スルースの夕べ~赤の感謝祭と千穐楽を一緒に書きます。 2回目の観劇は別日の予定でしたが、仕事の関係でチケットをお嫁に出し、かわりに千穐楽のチケットをお嫁にもらいました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

15周年記念日 〈美女と野獣〉

日本初演15周年の11月24日「美女と野獣」に行ってきました! 前日からお目見えしたクリスマスデコレーションと記念グッズの販売もあり、開場間もなくからロビーは賑わっていました。 あちこちで「あ!お久しぶり」「おー、元気?」なんて声が聞こえてくるのも記念日らしいですね。 開演は普段よりさらに遅く、8分位遅れたでしょう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

石波モリース☆デビュー! 〈美女と野獣〉

「まあまあ、皆さ~ん!アタクシはこの感激の瞬間に対して、アタクシも多少なりとも応援していたことを考えますと、胸がいっぱいになります!」(←レイチェル・リンド風) と、いきなり演目違いの感想ですが、11月12日「美女と野獣」石波モリースのデビューに立ち会ってきました まだデビューするかどうかもわかりま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アンドリューとミロの対決 〈スルース〉

開幕2日目「スルース(探偵)」を観てきました。 作品的には期待通りの面白い舞台でした 初演版映画が舞台に忠実に描かれているのではないかと予想していましたが、本当にあの映像が目の前で展開されました 違っていたのは、ミロの職業と水晶の隠し場所くらいかな。 (細かい部分は気…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

予習、予習~! 〈スルース〉

2年前にリメイク版の映画「スルース」DVDを観ましたが、四季での再演が間近になってきたので、その前に是非とも初演版を観ておきたいと思い、VHSを探しました DVDになっていれば、レンタルショップで探すのも簡単ですが、VHSとなるとなかなか。 それでも古いテープの割に画質もそこそこなものを…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

飯田ビースト初見♪ 〈美女と野獣〉

夏劇場3回目の「美女と野獣」 京都劇場で2回観ているので、通算5回目の観劇です。 プリンシバルキャストでは、飯田ビースト・林モリース・赤間ルフウ・長橋バベット・牧野チップの5人が初見。 これでビースト3人は全員拝見したことになります。 ではキャスト別に感想を。 飯田ビースト なかなか良いです! なかなかという表現を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

京都公演千穐楽 〈クレイジー・フォー・ユー〉

「おしまい このお芝居」の日がやってきました。 9月26日「クレイジー・フォー・ユー」京都公演千穐楽。 今年は、東京2か月、福岡3週間、京都2か月と、ざっくり数えて5か月の間「CFY」が上演されていたわけですが、その締めくくりの千穐楽に(おそらく年内の上演はもう無いですよね?)行ってきました。 この日、客席は満席に近い状態…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

プチ・マイ記念日 〈クレイジー・フォー・ユー〉

9月18日の「クレイジー・フォー・ユー」は私にとって、ささやかな記念日でした。 ひとつは、四季の演目の中で観劇数が第2位になったこと (2位から7位がひしめき合ってます) もうひとつは、ナイショ! まあ、どっちも(四季でよく言う)通過点であり…です。 その通過点の感想を…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

土屋さんの舞台美術セミナー 〈クレイジー・フォー・ユー〉

仕事と被るからと、すっかり諦めていたはずだった土屋茂昭さんの舞台美術セミナーに参加したくて、直前になって遠征を決め、仕事も巻きに巻いて、またまた行ってしまいました…京都「クレイジー・フォー・ユー」 9月17日。 本編は、2週間前の金曜とは比べものにならないほど、元気な楽しい舞台でした ほんとに良い舞台で「…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

3日分の感想を2分にまとめて言うから 〈クレイジー・フォー・ユー〉

いきなり演目違いのタイトルですみません 石波エベレットに会うために500万キロの彼方から駆けつけた京都劇場。 たまらなく暑いという印象のあった京都だけど、今年に限っては東京の方が暑いよ おかげであまり暑さを気にすることがなかった遠征でした。 20年分とはいかないけど、9月3日(金)…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

下村さんお帰りなさい! 〈ライオンキング〉

「スカーはお戻りになった~~~」ということで、25日ソワレの「ライオンキング」を観てきました。 下村さん以外のプリンシバルにも、お気に入りのキャスト名が並んでいて、こんなにワクワクしながら突発したのは久しぶり 「LK」を観るのは、あらら…1年8か月ぶり。 下村さんのスカーを観るのは、もしや4~5年ぶり…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

京都公演開幕! 〈クレイジー・フォー・ユー〉

開幕3日目の8月1日、京都「クレイジー・フォー・ユー」を観てきました。 (UPがだいぶ遅くなってしまいました) 前回公演の京都「CFY」を最後に観たのは2007年2月だったので、3年半ぶりの京都公演観劇です。 3年半前の公演と同じキャストは花ちゃんと斉藤さんだけ。 川東さんと恒川さんは役がスライドしてます…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

初!四季劇場「夏」 〈美女と野獣〉

開幕から2週間後の25日、「美女と野獣」を観に初めての四季劇場「夏」に行ってきました。 大井町駅から劇場へ向かう途中の商店街はBBフラッグが揺れ、BGMもBB。 気軽に入れそうな飲食店も並んでいて、なかなかいい感じ。 陸橋をくぐると、異様なと言ってもいいくらい目立つカラーリングの劇場が目に飛び込んできます。 写真では見てたも…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

プレステイベント最終日 〈ハムレット〉

3回行われたプレステージイベント最終回の7月9日、今回公演2回目の「ハムレット」に行ってきました。 今回のプレステイベントのテーマは「ハムレットの歴史」 MCは青羽剛さんと石毛翔弥くん。 1回目のイベントで登場したシェイクスピアさんもいて、この人が相変わらず可笑しい ハムレットが世界で最初に上演さ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

プレステージイベントもありました 〈ハムレット〉

日下さんの墓掘りが観た~い!と「ハムレット」日程表とにらめっこ。 どうせならプレステージイベントもある日にと、16日を選びました。 自由劇場でのイベントはかなり参加したつもりですが、今回のプレステ、参加者は20名強という今までで一番コンパクトなイベントでした。 前半は、岩城雄太さんと岡本繁治さんのMCでシェークスピアの人生につ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

いまさらですが… 〈サウンド・オブ・ミュージック〉

5月5日と27日に観劇した「サウンド・オブ・ミュージック」の感想をまとめて書きます。 初見の時は、開幕直後ということや友人との絡みもあり、書かなかったこともあるのですが、そろそろ書いてもいいかな?ってことで。 5日に観劇した時は、マリアがはるちゃんでした。 登場シーンのSOM、表情も動きも楽しそうなのに、大事に歌おうとし過ぎて…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

開幕2日目・初ソワレ 〈サウンド・オブ・ミュージック〉

開幕直後にしてダブルのオンパレードになった今週の「サウンド・オブ・ミュージック」 一体、どのキャストで観られるのかしら?とちょっとドキドキでしたが、週の最初の日だったので、一番手に発表されているキャスト、つまり、子役以外は初日キャストと同じでした。 今週のどのダブルキャストも魅力的だったけど、期間限定っぽい綜馬さんは早く観ておき…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

観劇の旅2~4日目 福岡篇 〈クレイジー・フォー・ユー〉

名古屋から東京へ戻り、その足で今度は福岡へ。 私にとっては初めてで、おそらくこれが最後の福岡シティ劇場。 写真は、キャナルシティの噴水ショー。 音楽に合わせて噴水が高低をつけたり、躍るように噴出したりしています。 「CFY」本編のレポは8日~10日マチネまで3公演分をいっぺんにまとめたいと思います。 そうじゃな…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

観劇の旅1日目~W佐野ビースト篇~ 〈美女と野獣〉

4月7日から10日の4日間、観劇の旅に出ていました。 1日目の7日は、昼間、京都で「美女と野獣」を観劇し、名古屋に移動して夜は佐野文彦さんのライブ。 つまり、佐野正幸さんと文彦さんのW佐野マチソワをしてきました 7か月ぶり、2回目の京都「BB」 ビースト、ベル、モリース、ルフウ、チップは前回と同じ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今年も日下ダイサートに会えた(^^) 〈エクウス(馬)〉

“日下武史”の名前を見るだけで、どうしても観に行きたくなっちゃうんです。 不時子さんもいるし、大ちゃんのアランも気になる~! というわけで、久しぶりに自由劇場へ行ってきました。 大ちゃんのアランは、クセがなくてストレートなアランでした。 普段、可愛いと思っている大ちゃんですが、子供の頃の演技は意外と…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

このリズム♪このミュージック 〈クレイジー・フォー・ユー〉千秋楽

まだ頭から離れません…このリズム♪このミュージック♪ 「クレイジー・フォー・ユー」東京公演が千秋楽を迎えました。 運良く私もチケットを手にすることができ、今公演10回目の観劇に行ってきました いや~!敬二さんのボビー完投は予想外でしたね。 石塚ポリーには今回お会いすることができず残念でした…{%一言・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more