テーマ:劇団四季

楽しく開く一幕 涙で閉じる二幕 〈クレイジー・フォー・ユー〉前楽

「クレイジー・フォー・ユー」東京公演も前楽になりました。 先日の「55ステップス」カテコの「I Got Rhythm」から心が騒いでしまい、「CFY」が観られる時を待ちわびていました(って2日しか経ってないですけど) そんなわけで、幕が開くともう嬉しくて嬉しくて。 私のワクワク感でそう見えたのか(?…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ようこそ多摩地区へ~ 〈ソング&ダンス 55Steps〉

ようやく仕事の山場を越えたので、急に思い立って「ソング&ダンス 55ステップス」へ行ってきました。 公式にUPされたカンパニーからのメッセージで、村さんがあまりに可愛かったので(笑)観たくなっちゃったんです。 パッと行ってサッと帰ってこれるならと、昨日になってチケットを探し始めたら、運良く前方席をお譲りいただけることに{%チョキ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

やればできるでしょ♪ 〈クレイジー・フォー・ユー〉

まずは、敬二さん、お誕生日おめでとうございます 先週の木曜から今週の木曜まで、怒濤の1週間でした 仕事が重なった上に、4回の観劇(うち1回はここにはUPしてません)プラス私用が半日。 後半は、泊まりに来てた長女にご飯を作ってやる時間すらなく、反対に買い物を頼んだりしてしまいまし…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

何にもあわてることはひとつもない♪ 〈クレイジー・フォー・ユー〉

こんなこともあるんですねぇ。 ボビーがかつらを落としちゃいました。 2階でアイリーンともめてる時、かつらを1かいに落としそうになって空中でキャッチするシーン。 1回目は危うかったけど見事キャッチ。 2回目はきれいにストーンと落ちちゃいました 敬二さん、下にいたジュニア(だった?)に「ほらほら」って…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

やればできるだろう♪やるしかないだろう♪ 〈クレイジー・フォー・ユー〉

予定は未定で決定にあらず…な職種のため、たまにこんなことになります 仕事のスケジュールがズレたので、このままズルズルとズレるだろうとの予想で、来週の観劇は無理だろうからと今週2枚のチケットをポチっとしてしまったんですが、昨夜になっていきなり仕事が入ってきちゃいました。 もともと1本の予定だった仕事が2本にな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

気も狂うほど夢中だ♪君に 〈クレイジー・フォー・ユー〉

石波さん、お誕生日おめでとうございます! ってことで、20日はマチソワしちゃいました~。 勝手にバースデー観劇するつもりでこの日は行こうと決めていましたが、いつまでいらっしゃるかわからない敬二さんのボビーを、できるだけたくさん観たいっていうのもあり、この際、マチソワしてしまえ~でした。 さて、今回は、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

楽しみっ!!「BB」と新システム

四季劇場「夏」のこけら落とし公演が「美女と野獣」に決定 twitterで会見をリアルタイムで観ちゃいました 仕事中でも手を休めて観られる状況にいるって幸せです~ 「BB」が来ることは予想通り嬉しい~{%…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ぼくの気持ちは空を飛んでる 〈クレイジー・フォー・ユー〉

13日ソワレ、2回目の「クレイジー・フォー・ユー」に行ってきました。 開幕から1週間、ちょうど脂が載っていい頃合いかなと期待した通り、初日よりさらに楽しませてもらいました 川原ランクのおネェっぽさも抜けたし(笑)、八重沢さんのアイリーンが戻ってきた!という感じました ボビーと…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

君の魅力にドキドキ♪ 〈クレイジー・フォー・ユー〉

6日、4年ぶりの東京公演、クレイジー・フォー・ユーが開幕しました! 何より敬二さんのボビーが観れることと、公式に載ったお稽古写真や動画から、石波さんのご出演も判ったので、テンションの高い初日の観劇でした。 石波さんは、いつも自分の腑にストンと落ちる芝居をしてくださるので、楽しみなんです。 前日から待ちきれず、CDかけまくりでし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

生まれるって、死んでるってどんなこと? 〈ドリーミング〉

いつの間にやら、スタッフ欄に小椋佳さんのお名前が復活していた「ドリーミング」に行ってきました。 って、変な書き出しでしが、私は小椋さんファン歴ン十年なんです。 以前放映された「青い鳥」には小椋さんの名前はなく、過去の「ドリーミング」では小椋さんの曲が使われていたことを後になって知りました。 だからということもあって「青い鳥」で…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

一生こいつを踊り続けるつもりだよ 〈鹿鳴館〉

日下さんに引き寄せられて、やっぱり観ちゃいました。 だって「鹿鳴館」東京公演は2006年からすでに4回目ですよ。 さすがにお腹いっぱい感がありますよねぇ。 私の観劇は5回目、今まで拝見したキャストをまとめてみました。 ()内は観劇回数、青字は今回のキャストです。 影山悠敏伯爵…日下武史(5)・同夫人 朝子…野村玲子(5…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

思わぬ大収穫♪ 〈美女と野獣〉

名古屋「オペラ座」の後は、京都「美女と野獣」へ。 ぷらっとこだまを利用した新幹線の車内、後ろの席の男の子が「何のミュージカル観に行くの?」とお母さんに何度も訊いています。 「お楽しみ~」って言われて、結局教えてもらえなかった男の子。 そのご一家、京都で下車されましたよ。同じ劇場かしら? しかし、いいなぁ~。 あんなに小さいうち…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

4900回記念(?)突発の旅 〈オペラ座の怪人〉

5000回まであと100回のカウントダウンということで…嘘です、劇場に飾られた4900の文字で初めて知りました。 「オペラ座の怪人」4900回目の公演なんですね! 今回は前日予約で突発しました。 前回の遠征から帰ってから、絶好調な高井さん、一番好きなラウル・涼太くんがいるうちにもう一度観たいなぁ、と思ってはいたんです。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

最終週に滑り込み~ 〈春のめざめ〉

6月に初見だった「春のめざめ」、千秋楽までにはもう一度観ようかなと思っていましたが、いよいよ最終週に入った9月1日、滑り込みで観てきました。 この作品が開幕する時、広告には“衝撃”という言葉が躍っていたけど、私にはおそらく反対の意味で衝撃に近いものがあった気がします。 もとになった戯曲が書かれたのが120年近く前ということで、こ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

久しぶりの名古屋遠征 〈オペラ座の怪人〉

8月5日・6日「オペラ座の怪人」を観に行ってきました。 名古屋遠征は2006年暮れの「夢から醒めた夢」以来、2年8か月ぶりです。 激安ツアーはこだま号利用なので、東京から名古屋へは約3時間。 新幹線に乗ると、どうしても寝てしまう癖があります。 今回も新横浜までは記憶にあるんですが、次に気づいた…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

元祖!?707便 〈エルコスの祈り〉

「エルコスの祈り」会員観劇モニター追加公演@日生劇場に行ってきました。 エルコス…鳥原如未 ストーン博士…半場俊一郎 ジョン…中村匠 ダニエラ…青山弥生 パルタ…荒木勝 ダーリー…川口雄二 理事長…鈴木周 セールスマン…神保幸由 以前、映像で「エルリック・コスモスの239時間」を観ました。 で、今回の「エルコス」の観劇にあ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

松宮五郎さんを偲んで 〈オンディーヌ〉

7月7日がご命日の松宮五郎さんを偲んで、ご出演の舞台録画を鑑賞しました。 松宮さんの60年に及ぶ舞台生活の中で、私が実際に拝見できたのは最後の数年でした。 最後に出演された「李香蘭」でも、山口役の素敵な笑顔が目に焼き付いています。 松宮さんの出演された舞台の録画は何本か持っているので、どれを観ようか迷いましたが、松宮さんを…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

マンマ・ミーア! DVD鑑賞♪

予約していた映画「マンマ・ミーア!」のDVDが届いたので、早速観ました シネコンでも4回観たけど、好きなときに気軽に観れるのは嬉しいですね。 ミュージカルが映画になると、ガッカリする作品もあるのですが、この作品は舞台版の演出家がメガホンをとっただけに、舞台版のテイストそのままに、美し…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

高井裁判長登場~! 〈李香蘭〉

初めて李香蘭を観たのは、昔のTV録画でした。 その時はお名前すら知らなくて、李香蘭というのがお名前なのかどうかも判らないという始末でした… 知寿さんが出てると喜んで観てみると、最初観終わった時は曲が頭の中でグルグル回ってました。 何日かして、またあの曲を聴きたくなってまた…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

盛り上がった千秋楽 〈赤毛のアン〉

原作出版100周年の年、2008年2月から上演が始まった「赤毛のアン」も、いよいよ東京リターン公演千秋楽の日がやってきました。 前楽も観劇したというのに、やはり千秋楽は特別ですね。 自分が演じるわけでもないのに朝から何だか落ち着きませんでした 開演5分前に緞帳が上がると、プリンスエドワード島の景色が…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

リハーサル見学会 〈赤毛のアン〉

いろいろなイベントがあった「赤毛のアン」もとうとう最後のイベントになりました。 そんなわけで(?)1月7日のリハーサル見学会に行ってきました この季節に外に並ぶのは厳しいと思い、少しだけ早めに劇場に行って並んでいると、ロビーからウォーミングアップの声が聞こえてきました。 しばらくして、Oneのメロ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ちょっぴり可絵アン登場!? 〈赤毛のアン〉

2009年最初の観劇はやっぱりこれ!「赤毛のアン」でした 「赤毛のアン」大合唱~エヴォンリー校の放課後~イベントにも参加してきました~! ブログには上げませんでしたが、実は2008年の観劇納めも27日の「アン」でした。 この日も、大合唱イベントがあったんですよ~。 私の場合は両日とも先行で…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

クリスマスカーテンコール♪ 〈赤毛のアン〉

クリスマスカーテンコール初日の23日、またまたプリンスエドワード島に行ってきました 11月末の四季なび・イベント情報に、東京公演クリスマスカテコがUPされた時、「何でアンだけ無いの~」とガッカリした分、アンでも実施が決まった時には小躍りして喜びました{%イヌファイト…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

祝!赤毛のアン通算500回

昨日のLK10周年に引き続き、今日は「赤毛のアン」500回記念公演に駆けつけました お出迎えがたくさんだった昨日とは打って変わって、記念日だということが判らない位普通でした。 らしかったことと言えば、久しぶりに“満員御礼”の文字を見たことだけです。 でも、この4文字を見ると嬉しいですね{%嬉…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

祝!ライオンキング10周年

12月20日、ライオンキング東京公演が10周年を迎えました! 大入り袋も10周年にちなんで(だと思います)10種類のチャームが配られました。 私がいただいたのは、やった!シンバでした~ 最近は、記念日と言ってもそれほど特別感がなかったのですが、今日はお出迎え…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

何か秘密があるはず解るのよ♪ 〈赤毛のアン〉

アン強化月間を理由に、またまた行ってきました 6日マチネ公演は、客席の反応もよく、梨絵アンも日下マシューも乗ってるようでした。 今公演では、ブルーエット家でバラをくわえる直前、アンが気合いを入れるような声を発するのですが、今日は凄く大きな声が出てました いきなりですが、本日の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

だからあたしでいい♪ 〈赤毛のアン〉

「55Steps」の観劇日を決めた理由のひとつは「アン」とマチソワできる日だったこと。 今月は“アン強化月間”ですから というわけで、久しぶりにマチソワ観劇 写真は自由劇場のクリスマスツリーです。 携帯で撮ったので暗いです{%一言…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

期間限定BMX 〈55Steps ソング&ダンス〉

噂の(?)BMXが観られて、プレゼントもGetできる W限定企画に乗っかって、企画初日の3日、55Stepsに行ってきました。 冒頭の写真がいただいたメモリアルフォトアルバムです。 A,B 2種類からチョイスできるようになっていて、私がいただいたのがAです。 Aはカレンダーの入れ替えが…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

東京リターン公演開幕!! 〈赤毛のアン〉

お帰りなさい!! 待ちに待ってたアンが自由劇場に帰ってきました 「赤毛のアン」東京リターン公演初日の今日は、その前にチャレンジしなければいけないことがありました。 千秋楽チケは見事にハズレだった「キャッツ」、今日の先行で前楽のチケットを手に入れたい! 予想はしていたものの、いや~~~!凄いことになってま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日下武史さん&吉沢梨絵さん on 鬼平犯科帳

「赤毛のアン」リターン公演まで待ちきれず、日下武史さんと吉沢梨絵さんが出演したTVドラマ「鬼平犯科帳」のDVDを借りてきました ●日下武史さん出演 第1シリーズ 第4話「血頭の丹兵衛」(1989年放映) かつては義賊のような立派な(?)信念を持った窃盗団の頭だった血頭の丹兵衛役。 時が過ぎ、すっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more